ジョージアには世界遺産が3件あり!それぞれのスポットを詳しくご紹介

日本からジョージアへの直行便は出ていないのでどこかの国を経由して行く必要があります。行き方としてはカタールのドーハやロシアのモスクワ、アラブ首長国連邦のドバイなどを経由する方法があります。

ジョージアの観光名所3選

instagram-image

dk.dai.dk

ジョージアはソビエト連邦から1991年に独立した国で2015年まではグルジアと呼ばれていました。アゼルバイジャンとアルメニアと合わせて南コーカサスという総称されています。

国土の大部分が山岳地帯でコーカサス山脈は標高5000mを超えています。しかしこの山脈がロシアからの寒気を遮断するため温暖湿潤気候に属しています。ブドウの産地でありワイン発祥の地と言われていて、甘口ワインのフヴァンチカラが有名です。

ソビエト連邦の構成国でしたがイスラム国家と隣接しているため独特の文化を築き上げています。世界遺産に登録されている名所をご紹介します。

・ゲラティ修道院
・ムツヘタの歴史的建造物群
・上スヴァネティ

それぞれのスポットについて詳しく見ていきましょう。

ジョージアのおすすめ観光スポット①ゲラティ修道院

instagram-image

chiiii.0113

ゲラティ修道院は1994年にバグラティ大聖堂とともに世界遺産に登録されましたが、大聖堂に再建計画が持ち上がったことから2017年にゲラティ修道院のみの単独登録へ縮減されています。

1106年にグルジア王ダヴィド4世により建設され宗教や文化の中心的な役割を担いました。主聖堂の聖母マリア聖堂は1130年に完成したもので、内部のフレスコ画やモザイク画は圧巻です。壁画の保存状態が非常に良いため見どころの一つとなっています。

世界遺産から外されてしまったバグラティ大聖堂は1953年から修復が始まり、2001年にはジョージア正教会として礼拝が行われるようになりました。しかし再建計画が持ち上がったことで2010年に危機遺産にリストアップされたのち2017年に世界遺産ではなくなっています。

ジョージアのおすすめ観光スポット②ムツヘタの歴史的建造物群

instagram-image

akiko12887

ムツヘタの歴史的建造物群は1994年に世界遺産に登録され、2009年には危機遺産リストにも登録されましたが2016年にリストから除去されました。

ムツヘタは紀元前4世紀から紀元前3世紀にかけて繁栄したイベリア王国の首都だった町であるため、多くの歴史的建造物が建てられています。特に有名な建造物をいくつかご紹介します。

・サムタヴロ教会・修道院
・ムツヘティス・ジワリ
・スヴェティツホヴェリ大聖堂

サムタヴロ教会・修道院は4世紀に建てられたものが11世紀に建て替えられ、16世紀に現在の姿になりました。外側には美しい彫刻が施されていてムツヘタの代表的な建物となっています。ムツヘティス・ジワリは丘の上にあった異教の神殿跡に十字架を建てたことを始まりとした聖堂です。

スヴェティツホヴェリ大聖堂はジョージア最古の教会で木造聖堂の跡地に建てられました。現在の建物は1010~1029年にかけて再建されていて何度も修復されています。

ジョージアのおすすめ観光スポット③上スヴァネティ

instagram-image

webtravel.jp

スヴァネティはジョージア北西部にある地方の名前で、この地方の建造物や歴史的景観が1996年に世界遺産に登録されています。

上スヴァネティは3000~5000mの山が連なる山岳地帯で、先住民族のスヴァン人が暮らしています。11世紀に統一グルジア王国に支配され、グルジア王国が1400年代に解体した後は独立していましたが19世紀にロシア帝国の支配下となりました。

そのままソ連から支配を受け、グルジアの独立とともに支配が終わりました。スヴァネティ地方には黒海と面している下スヴァネティ地方もあります。

ジョージアの治安は?観光時の注意点は?

instagram-image

junnydepp1980

日本の外務省が公開している海外安全情報によると全体的には危険度レベル1の「十分注意してください。」ですが、ロシアとの国境付近や南オセチアは危険度レベル2の「不要不急の渡航は止めてください。」と危険度レベル3の「渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」に指定されています。

ジョージアでは2008年に分離独立を求める当時の南オセチア自治州がジョージアと軍事衝突したことをきっかけとして、ロシアとも軍事衝突が発生しました。ロシア軍が軍事施設を爆破したため甚大な被害が発生しています。現在は停戦中ですが問題が解決したわけではありません。

そのため現地の情勢には十分気を付ける必要があります。首都のトビリシを含む大部分の危険度レベルが1なのは、比較的安全ではあるものの窃盗などの犯罪が発生しているためです。

ジョージア観光は情勢を確認しつつ楽しんで

instagram-image

skizumi.0428

ロシアとの国境付近や南オセチアを訪れることはお勧めしませんが、首都のトビリシなど比較的安全な地域を訪れることに問題はありません。世界遺産をご紹介しましたが他にも魅力的な観光名所はたくさんあります。

窃盗被害には注意しながら、日本ではまり知られていないジョージアという国を満喫してください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/