ルーマニアの観光名所6選!おすすめスポットをご紹介!

日本からルーマニアへの直行便は出ていないためイスタンブールやウィーンを経由する必要があります。経由地によって飛行時間は大きく異なるので事前にきちんと調べておきましょう。

ルーマニアの観光名所6選

ルーマニアは東ヨーロッパに位置する国で首都はブカレストです。中世の街並みやお城が多く残る国なので観光スポットはたくさんあります。主な名所は以下の通りです。

・ブラン城
・ルシュノフ要塞
・フニャド城
・ペレシュ城
・モゴショアヤ宮殿
・聖ニコラエ聖堂

それぞれのスポットについて詳しくご紹介します。

ルーマニアのおすすめ観光スポット①ブラン城

ブラン城はドラキュラが住んでいたお城として有名です。ドラキュラはヴラド三世という人物がモデルとなっていて自身も父親も凶暴だったことから父親は悪魔公、ヴラド三世は悪魔の子どもと呼ばれていました。ルーマニア語で悪魔の子どもはDraculaというスペルで書くことからドラキュラという言葉が誕生したのです。

しかしヴラド三世はブラン城に住んだことはありません。お城がドラキュラで有名になったのは小説「ドラキュラ」の中に登場するお城がブラン城を模していたためです。

城の中には博物館があり当時の家具や武器が展示してあります。小説を読んだことがなくても十分に雰囲気を味わうことができます。

ルーマニアのおすすめ観光スポット②ルシュノフ要塞

instagram-image

traveria_eu

ルシュノフ要塞は元々あったダキア人の要塞の遺跡の上に14世紀頃サクソン人が居住地を建てたのが始まりです。学校を作ったり井戸を掘ったりしましたが18世紀にあると住民が麓の街へ移動したため廃墟となりました。

かつて人が生活していたことを思わせるような住居などがそのまま残されていて、要塞からは絶景を見渡すことができます。

ルーマニアのおすすめ観光スポット③フニャド城

フニャド城のあるフネドアラはかつてハンガリー領でした。ドラキュラのモデルとなったヴラド三世が幽閉されていたという伝説があるためブラン城と同じくドラキュラにゆかりのあるお城と言われています。

すぐそばには地下拷問室があります。ギロチンや針だらけの椅子が展示されていて、当時どのような拷問が行われていたのかを知ることができます。

ルーマニアのおすすめ観光スポット④ペレシュ城

ペレシュ城はカロル1世が王室の離宮として建てたものでドイツ・ルネサンス様式が採用されています。城の中はカロル1世が集めた美術品や武器が展示されている博物館となっています。部屋の数は160あると言われていて特に有名なのがクルミの木が使われている名誉のホールです。

他にもイスラム建築が取り入れられているムーリッシュ・ホールや武器が展示されている武器の間があります。ステンドグラスや装飾が非常に美しく、博物館の他に図書室もあります。

城の正面にはカロル1世の像が建っており、城が丘の上に建てられているので外の庭園からは美しい渓谷を眺めることができます。世界の美しいお城15選に選ばれていてルーマニアの中では最も壮麗な城だと言われているので訪れる価値が十分にある場所です。

ルーマニアのおすすめ観光スポット⑤モゴショアヤ宮殿

instagram-image

valentinurda

モゴショアヤ宮殿は1698年にブルンコヴェアヌ王が建てた宮殿で、この王が建てた建物の中では最も美しいと言われています。内部は博物館になっており、外は公園として整備されています。宮殿を見た後に公園を散策すると良いでしょう。

ルーマニアのおすすめ観光スポット⑥聖ニコラエ聖堂

instagram-image

chrisgarber3

聖ニコラエ聖堂は当初ゴシック様式で建てられていましたが後にバロック様式に変えられています。聖堂内の壁のフレスコ画は壁画家のミシュ・ポプにより描かれました。教会としての規模は小さいもののフレスコ画がとても有名なので観光客が多く訪れています。

ルーマニア観光でおすすめの食事とは

instagram-image

b_fitgram

ルーマニア料理は魚があまり登場しません。その代わりによく使われるのが豚肉で、サイマーレというロールキャベツのようなものが定番料理として知られています。他にも三ティティという棒状のハンバーグにも豚肉が使われています。

ルーマニアではスープの種類が充実していて具がたくさん入ったスープをチョルバ、具が少ないものをスパと呼びます。日本では味わえない食事ばかりなので旅行で訪れた際には色々と試してみましょう。

ルーマニア観光はお城が中心

ルーマニアにはたくさんのお城があるので観光もお城が中心となります。歴史的建造物を眺めながら過去に思いをはせてはいかがでしょうか。

旅行に訪れる際にはスリやひったくりに十分注意しましょう。日本人が巻き込まれた事件がいくつか発生しているため治安が悪いというイメージがついていますが、きちんと気を付けていれば心配は不要です。

気を付けるべきことは夜に出歩かないこと、危険だと言われている地域には近づかないこと、羽目を外し過ぎないことが挙げられます。スリやひったくりには注意してルーマニアの旅を楽しみましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/