内陸国セルビアの観光名所5選!おすすめスポットをご紹介

日本からセルビアへの直行便は出ていないためウィーンやフランクフルトで乗り継いで、セルビアのベオグラードへ行く必要があります。経由地によりフライト時間は異なりますが平均して15~20時間ほどかかるでしょう。

セルビアの観光名所5選

instagram-image

ooo0ooo420

セルビアは南東ヨーロッパに位置する内陸国で、2006年にモンテネグロの分離独立に伴い独立した新しい国です。首都のベオグラードはセルビア最大の都市で夏は気温が40度を超える一方、冬はマイナス10度以下まで冷え込む寒暖差の大きい場所です。

日本ではあまり知られていませんが食事が美味しいことで有名です。観光名所もいくつかあるので、そのうちの主なスポットを5つご紹介します。

・ベオグラード要塞
・聖サワ大聖堂
・二コラ・テスラ博物館
・ストゥデニツァ修道院
・頭蓋骨の塔

それぞれのスポットについて詳しく見ていきましょう。

セルビアのおすすめ観光スポット①ベオグラード要塞

instagram-image

sasarukozee

ベオグラード要塞は別名をカレメグダン城址公園といいます。サバ川とドナウ川の合流地点上の丘にある要塞はケルト人が最初の集落を創ったとき以来、その時代に合わせたさまざまな史跡が残されています。第一次世界大戦以降に使われた戦車が展示されていたり記念碑が建てられていたりします。

要塞の頂上からはベオグラードの街並みを一望することができるため、多くの観光客が訪れています。園内には美術館や動物園、カフェなどもあるのでゆっくり過ごすことが可能です。

セルビアのおすすめ観光スポット②聖サワ大聖堂

instagram-image

u33_capsuletrip

聖サワ大聖堂は首都ベオグラードにある正教会の大聖堂で、世界最大級の大きさを誇ります。聖サワとはセルビアの大主教で正教会の聖人です。内戦を調停し多くの修道士や教師の教育にあたった人物で1236年に永眠した後は修道院に不朽体が安置されていました。

しかしセルビアを支配していたオスマン帝国が1594年に修道院から不朽体を引き出し燃やしてしまいます。燃やせばセルビアが聖サワへの崇敬をやめると考えたためですが、崇敬が止むことはありませんでした。聖サワ大聖堂が建てられているのは不朽体を燃やしたとされている場所です。

外観だけでなく内装も豪華で中にはキリストに関する絵画が展示されています。

セルビアのおすすめ観光スポット③二コラ・テスラ博物館

二コラ・テスラ博物館では二コラ・テスラの発明品を見ることができます。二コラ・テスラは19世紀中期から20世紀中期にかけてラジオや電動モーター、交流電流などを発明して現代文明に多大な影響を与えた人物です。

子どもの頃から神童と呼ばれる天才でしたが、幼いころから精神疾患を患っておりさまざまな症状に苦しめられていました。アメリカ軍が行っていたレーダーに映らないステルス戦闘機の研究の責任者として携わっていたという都市伝説と精神疾患の影響により、マッドサイエンティスト(狂った科学者)と呼ばれることがあります。

博物館には設計図や実験器具が展示されていて博物館奥には遺灰が納められています。二コラ・テスラについて詳しく知りたい人にはぴったりの場所です。

セルビアのおすすめ観光スポット④ストゥデニツァ修道院

instagram-image

aloha_lei

ストゥデニツァ修道院は1986年に世界遺産に登録されたセルビア中央部にある修道院です。セルビア正教会の中では最大級の大きさとなっている建物は1190年にステファン・ネマニャが設立しました。

外観はロマネスク様式とビザンティン様式が調和しており、内部には美しいフレスコ画が残されています。中でも「ハリストスの磔刑」はセルビア芸術の極点とも言われている最高傑作です。フレスコ画を描いたのはギリシャのアトスから連れてこられた画家たちだと考えられていて、聖二コラスの生涯を扱ったフレスコ画などもあります。

セルビアのおすすめ観光スポット⑤頭蓋骨の塔

instagram-image

projetoitinerante

頭蓋骨の塔はセルビア南部のニシュという街にあります。1809年にオスマン帝国時代にセルビアが独立を目指して起きたチェガルの戦いにセルビア側が敗れたことを受け、独立派への見せしめのために兵士の頭部を埋め込んだ塔を建設したのです。

見せしめのために建てられたものですが後に反乱のシンボルとして守られるようになりました。当初は952個の頭蓋骨が埋め込まれていましたが現在残っている頭蓋骨は58個で他の部分は空洞になっています。

セルビア観光で必ず食べるべき料理とは

instagram-image

croatia_dobro

セルビアは内陸国なので肉料理が中心となっています。ザワークラウト・ベーコン・ソーセージなどを煮込んでオーブンで加熱したポドバラックやひき肉を細長く丸めて焼いたチェバブチッチは日本人の舌にも合うのでおすすめです。ロールキャベツのようなサルマという料理も絶品ですよ。

セルビア観光は名所も食事も楽しめる

instagram-image

nambunotabi

世界遺産のストゥデニツァ修道院や定番の観光スポットベオグラード要塞など、セルビアには見どころがたくさんあります。ワインの生産が盛んで美味しいワインを飲むことができるので、肉料理と合わせて食事を楽しみながら旅行を満喫しましょう。

 

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/