クロアチアの首都ザグレブで食べる!買う!観光中にするべきことをご紹介

クロアチアの首都である「ザグレブ」。ヨーロッパの中心部に位置するクロアチアでは、ヨーロッパの古い街並みや大聖堂、賑わう市場などを観光することができます。フランスやドイツなどの西ヨーロッパとは少し違う雰囲気のあるクロアチアは、ヨーロッパ巡りをする際には一度訪れたい国です。今回はクロアチアに行った際に、「コレは食べるべき!買うべき!」というオススメをご紹介したいと思います。

 

ザグレブ観光ではコレを食べるべき!

ヨーロッパの料理だと、イタリア料理と言われるとピザやパスタ、フランス料理と言われるとエスカルゴやテリーヌ、ドイツ料理と言われるとソーセージやシュニッツェルなど国によって代表的な料理がありますよね。しかし、クロアチアではどうでしょうか?「クロアチア料理」と言われても、パッと浮かぶものはほとんどないと思います。クロアチアは周辺諸国に強い影響を受けていたため、クロアチアを代表する料理は数少ないのです。それでも、クロアチア伝統の料理はあります。ザグレブの街を観光する場合は、「シュトゥルクリ」や「ザグレブ風カツレツ」という料理を探してみてください。

 

シュトゥルクリ

instagram-image

oharublog

シュトゥルクリとは、ザグレブの近くのザゴリエ地域の伝統料理です。パスタ生地を薄く伸ばし、その上にカッテージチーズや卵、サワークリーム、塩などを混ぜたものを塗ります。その生地をくるくると巻き、オーブンで焼いたものを「ペチェニ・シュトゥルクリ」、茹でたものを「クハニ・シュトゥルクリ」と呼びます。ラザニアに似ている料理ですが、食感や濃厚さが違うことが特徴です。シュトゥルクリのほうがもちもちとしていて、チーズの濃厚な味わいを楽しむことができます。

チーズなどを具材にしたおかず系のシュトゥルクリが定番ですが、シュトゥルクリには様々な種類があり、りんごとシナモンのシュトゥルクリや、くるみとはちみつのシュトゥルクリなどデザート系のものも豊富に揃っています。ご飯でもデザートでも食べられるので、ザグレブ観光の際には一度食べてみてください。

 

ザグレブ風カツレツ

instagram-image

rierie0624

ザグレブには、「ザグレブ風カツレツ」という名物があります。日本で「カツレツ」というと、フランス料理で仔牛肉にパン粉をつけて揚げた食べ物ですよね。しかし、「ザグレブ風」という言葉がつくと、少し変わってきます。

ザグレブで食べられるカツレツは、チーズがお肉とハムに巻かれ、衣をつけて揚げた筒状の揚げ物なのです。日本のカツレツは仔牛肉でしたが、ザグレブ風カツレツは豚肉や鶏肉、仔牛肉などお店によって使用しているお肉が違います。注文する際に選べるお店もあるようです。また、サイズも大きく、2人で1つ食べるのがちょうどいいくらいの大きさになっています。日本のカツレツとは少し違いますが、ザグレブ風カツレツも非常に美味しく頂けます。ザグレブの街にある飲食店にはだいたい置いているので、食事をする際に注文してみてくださいね。

 

ザグレブ観光ではコレを買うべき!

海外旅行で忘れちゃいけないのが「お土産」です。海外は何回も行けるわけではないので、1回1回の旅行でしっかりと思い出を残したいですよね。形として思い出に残るのが「お土産」です。ザグレブには、お土産としてオススメな物が多くあります。

 

リツィタル

instagram-image

misakiki623

まず、女性へのお土産としてオススメなのが「リツィタル」です。リツィタルとはザグレブの伝統的なハート形のクッキーで、可愛らしくデコレーションされています。リツィタルはクッキーですが、食用ではありません。主にクリスマスツリーの飾りや大切な人への贈り物として親しまれています。長期保存できるようにクッキーを加工しているため、腐ることはありませんが、湿気に弱いのがネックです。最近ではセラミックで作られているリツィタルもあるので、保存環境などに気を使うのが大変だと思う方はセラミック製のものを購入するといいでしょう。

実は、リツィタルはユネスコの無形文化遺産に登録されています。日本にとっての歌舞伎や能なども無形文化遺産に登録されているので、ザグレブではそれらと同等の価値があると言っていいでしょう。

 

ネクタイ

instagram-image

tom.t_0531

男性へのお土産としては「ネクタイ」がオススメです。「ネクタイなんて、日本でも買えるでしょ!」と思った方は多いと思います。しかし、ネクタイとクロアチアには深い関係があるのです。実は、クロアチアは「ネクタイ発祥の地」なのです。そのため、品質の高いネクタイを購入することができます。また、デザインもクロアチア独特のものが多く、クロアチアの歴史や文化、自然をモチーフにして作られています。日本では見られないようなネクタイに出会えること間違いなしです。

 

まとめ

instagram-image

chikagram25

クロアチアの首都ザグレブで食べるべき、買うべきものをご紹介しました。

ザグレブは首都ですが小さい街なので、ザグレブの街を一周観光するのに2時間程度しかかかりません。ぐるっと一周観光し、ザグレブの街並みを堪能したあとはグルメやお土産選びに時間を割いてみてはいかがでしょうか?周辺諸国の影響を強く受けたクロアチアだからこその、独特な文化と触れ合うことができますよ。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/