観光前に知っておこう!バングラデシュの食文化とは?

バングラデシュは南アジアの国で、インドに囲まれるような位置にあります。インドを観光する際に、バングラデシュにも訪れる方は多いのではないでしょうか。バングラデシュは約90%がイスラム教徒であることから、文化にも特徴があります。今回はバングラデシュの食文化について、ご紹介したいと思います。

 

バングラデシュ観光前に知っておきたい食文化

instagram-image

worldfoodday

バングラデシュは人口の約90%がイスラム教徒であるため、食文化に特徴があります。日本は宗教による食文化の特徴がないため、バングラデシュの食文化に驚くことが多いでしょう。バングラデシュを観光することになった場合、食事を避けて通ることはできないと思うので、観光前に食文化について、しっかりと理解しておきましょう。

 

豚肉・お酒はNG

イスラム教では、「ハラール」という決まりで豚肉とお酒の消費を禁止されています。そのため、バングラデシュでは豚肉とお酒を食べる機会はほとんどないでしょう。

豚肉を禁止されている理由は、「豚が汚い動物だから」「豚は病気を引き起こすから」「豚は神聖な存在だから」「豚を飼育すると、自然のエコシステムや文化に悪影響を及ぼすから」など諸説あります。バングラデシュでは、豚は良いものだと思っている人はほとんどいないでしょう。

また、お酒に関しては、お酒を飲むと思考力が低下したり、イライラしやすくなるため、敵意と憎悪を起こさせ、アッラーに礼拝を捧げるのを妨げようとすると考えられています。また、イスラム教ではお酒を飲む人は天国に行けないとも考えられているのです。しかし、バングラデシュではお酒を購入できる場所が2箇所だけあります。広い国の中で2箇所しかないのは驚きますよね。他にも、高級ホテルのバーなどではお酒の取り扱いがあります。しかし、バングラデシュ内でお酒を買うと値段が非常に高いので、旅行中は禁酒をしたほうが経済的にいいかもしれません。

 

食事は右手で食べる

バングラデシュでは、スプーンやフォークなどを使う文化がないため、手を使って食事をします。さらに、イスラム教の教えで左手は「不浄の手」とされているため、右手のみで食事をしなければいけません。特に、バングラデシュではカレーを食べる機会が多いため、「カレーはスプーンで食べるもの」と考えている日本人にとっては少し抵抗感があるかもしれません。また、手で食べることが当たり前になっているバングラデシュですが、手を消毒しないため、衛生面でも不安な部分があります。バングラデシュに行く際は、持ち物として消毒液は必須になります。

バングラデシュでカレーを手で食べるという文化は、日本でおにぎりを手で食べるという感覚と同じと言われています。もし、日本でおにぎりを箸やスプーンで食べている外国人がいたら、日本人は「なんで箸・スプーンを使っているの?」と思いますよね。それと同じことを思われてしまうので、バングラデシュでは手で食事することに徹してみてください。

 

ご飯の時間が基本的に遅い

日本では朝食を7時、昼食を12時、夕食を19時くらいに食べますよね。バングラデシュでは、食事をする時間が日本よりも遅い傾向にあります。その間にお腹が空いたら軽食とお茶を食べるのが基本です。そのお茶も奇抜なもので、砂糖やコンデンスミルクをたっぷりと使った、とっても甘いお茶を飲んでいます。日本人からするとびっくりするくらい甘いので、初めて飲む方は注意が必要です。

バングラデシュで食事をする時間ですが、朝食は7時で甘いお茶を飲みます。その後、11時に軽食とお茶、14時に昼食、18時に軽食とお茶、21〜23時に夕食という流れです。食べる量が多くなることに加え、軽食と一緒に飲むお茶はカロリーが高いので、太りやすいというデメリットがあります。

 

毎食お米を食べる

バングラデシュの食事では、必ずと言っていいほど毎食お米が出てきます。なんとバングラデシュは、ひとりあたりの1日のお米消費量が世界一なのです。その量は、ひとりあたり1日でおにぎり10個分程度も食べると言われています。日本人はお米が主食で消費量も多いように思いますが、それをはるかに上回る量をバングラデシュでは消費しているのです。

 

ホームステイの場合は食べ過ぎに注意

バングラデシュに行く際、ホテルに宿泊する以外にもホームステイすることもありますよね。ホームステイは現地の家族のなかに入れるので、その国の文化を思い切り感じることができます。バングラデシュ人は「おもてなし精神」が強いので、食事をする際に「どんどん食べて!」と言わんばかりにお皿にご飯を盛ってくれます。お腹がいっぱいになったことを伝えないと、どんどん盛られてしまうので注意しましょう。

 

まとめ

instagram-image

way_mk_1997

バングラデシュの食文化について、ご紹介しました。

バングラデシュは日本と違い、宗教の影響を強く受けている国です。日本では考えられないことが多くありますが、「郷に入っては郷に従え」ということわざもあるように、他国の文化を尊重して楽しむようにしましょう。バングラデシュの食文化を日本人でも楽しめるように、旅行の準備としてウェットティッシュなどの消毒できるものは必須です

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー