サンクトペテルブルクの観光前に下調べ!歴史的背景からフライト時間まで!

サンクトペテルブルクはロシアの東部にある都市で、フィンランドやエストニアの国境近くに位置します。サンクトペテルブルクは世界遺産が多く、歴史も濃いので観光地として人気があります。そんなサンクトペテルブルクに観光に行く前に、歴史や行くまでのフライド時間、時差、気候などを下調べしておきましょう。サンクトペテルブルクに行く前に、この記事を見れば下調べはバッチリですよ。

 

サンクトペテルブルク観光前に歴史を知ろう!

instagram-image

rrrn_photography

サンクトペテルブルクには、複雑な歴史的背景があります。それを知るだけでも観光が一層楽しくなるので、歴史が苦手な方でも少し勉強してみましょう。

 

サンクトペテルブルクはロシアの首都だった

ロシアの首都と言えば「モスクワ」ですよね。しかし、過去にロシアの首都はサンクトペテルブルクになったタイミングがあります。モスクワとサンクトペテルブルクは直線距離で600km程度離れています。

17世紀後半から18世紀前半まで初代ロシア皇帝としてロシアを率いていた、ピュートル大帝が大きなカギを握っています。ロシアの首都は元々モスクワにありました。その当時、ヨーロッパは重商主義大国であり、そんなヨーロッパと交友を深めるため、ピュートル大帝はよりヨーロッパに近い場所に都市を作ることを望みます。小さな漁師小屋が数軒あるフィンランド湾に面した場所に、都市を作ることを決め、何もない更地から都市を作り上げるのです。その場所が「サンクトペテルブルク」です。そして、サンクトペテルブルクが完成した後、モスクワから首都を移されます。その後、200年程度はサンクトペテルブルクがロシアの首都でした。

 

サンクトペテルブルクは名前を2度変えている

第一次世界大戦が始まり、ドイツとの交戦状態に入るとサンクトペテルブルクは「ペトログラード」という名前に変わります。「ペトロ」とはロシア語で「ピュートル」、「グラード」は「町」という意味があります。つまり、ペトログラードとは「ピュートルの町」という意味なのです。ピュートル大帝の名前からそのような名前が付けられました。

第一次世界大戦が終戦すると、ロシアではロシア革命が起きます。ロシア革命の一局面である「十月革命」を指導したウラジーミル・レーニンが、ロシアの独裁者となった後、ペトログラードは「レーニングラード」という名前に変わります。こちらは上記と同様に「レーニンの町」という意味です。しかし、ソ連崩壊後にはサンクトペテルブルクの名前に戻ります。

 

サンクトペテルブルク観光前の下調べ

サンクトペテルブルクを観光する前にフライト時間や時差、気候など、必要な情報を下調べしましょう。予定を組むためにも必要な情報なので、できるだけ早く調べておくことをお勧めします。

 

フライト時間

フライト時間は11時間30分〜12時間程度です。日本からサンクトペテルブルクへの直行便は出ておらず、モスクワやヘルシンキ経由で飛行機を乗り継いで行くのが一般的です。モスクワ経由のほうがフライト時間は若干短いですが、30分程度しか変わらないので、どちらでも問題ないでしょう。

 

時差

日本とサンクトペテルブルクの時差は6時間で、日本のほうが6時間進んでいます。そのため、フライト時間は約12時間ですが、日本を出発する時刻とサンクトペテルブルクに到着する時刻を現地時刻で表示すると6〜7時間程度しか差がないように見えます。12時間分のフライトが6〜7時間程度しか時間を消耗していないのでコスパがいいように思いますが、体にはしっかりと12時間分の疲労が溜まっているので、無理せず休みながら観光をするようにしましょう。

 

気候

サンクトペテルブルクの気候は、雨が比較的多く、短い夏と長い冬が特徴です。観光のベストシーズンである夏は「白夜」と呼ばれる「太陽が沈まない日」もあります。日本では体験できないことなので、白夜に当たる日に観光できると貴重な経験ができますよ。サンクトペテルブルクの夏は最高気温が20℃前後なので、日本の春や秋のような気温です。暑くなく、寒くもないので、快適に観光できますよ。夏でも朝晩は冷えるので、ジャケットが必須です。

冬になると、一日中氷点下の気温の日も珍しくありません。しかし、その分暖房設備がしっかりとしているので室内にいる間は快適に過ごせます。しかし、日本人は寒さにあまり慣れていないので、冬の観光はなかなか楽しむことができない可能性もあります。強い寒波が押し寄せるとマイナス30℃にもなるので、身の危険を感じるかもしれません。

まとめ

instagram-image

37stagram0

サンクトペテルブルクを観光する前に知っておくべきことをご紹介しました。

サンクトペテルブルクはその昔、ロシアの首都でした。現在でも大きな都市として栄えており、ヨーロッパとの窓口として機能しています。歴史的背景を知っていると、より楽しむことができますよね。

フライト時間や時差、気候なども観光前には必ず知っておくべき情報です。特に、気候は日本と違う点が多いので、入念に下調べすることをオススメします。夏の白夜を迎えるベストシーズンに観光すれば、太陽がずっと出ているので、長い時間観光することができます。白夜の時期には、サンクトペテルブルクでイベントが行われていることも多いので、ぜひ参加してみてください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/