芸術の街デュッセルドルフ!おすすめ観光名所5選をご紹介

日本からデュッセルドルフへは成田空港から直行便が出ていて往路は約12時間、復路は約11時間30分にフライト時間がかかります。時差は-8時間でサマータイム中は-7時間となります。

デュッセルドルフの観光名所5選

instagram-image

allinduesseldorf

デュッセルドルフはドイツのライン川河畔に位置する都市で、ライン川の支流であるデュッセル川が名前の由来となっています。年平均気温は11.5度で涼しく、年間降水量は934mmと少ない特徴があります。経済的な中心都市でありながら芸術の街としても知られているデュッセルドルフの主な観光名所をご紹介します。

・聖ランヴェルトゥス教会
・ケーニヒスアレー
・ネアンデルタール博物館
・K20&K21州立美術館
・クンストパラスト美術館

それぞれのスポットについて詳しく見ていきましょう。

デュッセルドルフのおすすめ観光スポット①聖ランヴェルトゥス教会

聖ランヴェルトゥス教会は13世紀に建てられたデュッセルドルフで最古の教会です。外観はシンプルなレンガ造りですが、内観は美しいステンドグラスと中央祭壇にある黄金の棺が特徴的で豪華さを感じるでしょう。壁にはキリストの処刑から復活までのストーリーを示す石像がはめ込まれており目を引きます。

中廊が側廊より高いバジリカでも有名な教会なので一度足を運んでみることをおすすめします。

デュッセルドルフのおすすめ観光スポット②ケーニヒスアレー

instagram-image

dosankomamachan

ケーニヒスアレーは800mに渡ってさまざまな店舗が立ち並んでいる並木道で、地元の人からは「ケー」という愛称で親しまれています。世界で初めてファッション見本市が開催された街で、現在もファッションの街として知られているので、ジルサンダーやエルメスなどの高級ブランドのお店が多くあり、地元の人だけでなく観光客も買い物にやってきます。

ブランドショップだけでなくカフェもあるので、ショッピングを楽しんだ後にゆっくり休憩することもできます。大型のデパート、「シャドウ・アルカーデン」や「セブンス」にはフードコートがあるため探し回らなくても食べたいものを見つけることができるでしょう。

ケーニヒスアレーとライン川の間には旧市街が広がっており、ケーに立ち並んでいるお店よりもカジュアルなお店が多いので若者が多く訪れています。常設市場もあるので食事やお土産選びを楽しみながら散策できます。

デュッセルドルフのおすすめ観光スポット③ネアンデルタール博物館

instagram-image

yuikoiwasaki

1856年にデュッセルドルフ近郊にあるネアンデルタール谷の洞窟からネアンデルタール人の骨が発見されたことから、発掘現場近くにネアンデルタール博物館が建てられました。館内にはネアンデルタール人が使用していた道具や洞窟の中に描かれていた壁画が展示されています。

現代人との骨や顔の構造の違いについてなど、かなり詳しく学ぶことができるので歴史好きな人にはたまらない場所でしょう。中にはカフェもあり、一般的なコーヒー以外にもネアンデルタールリキュールを楽しむことができます。

歩いて5分ほどのところに発掘現場があるので合わせて訪れることをおすすめします。

デュッセルドルフのおすすめ観光スポット④K20&K21州立美術館

instagram-image

learning_architecture_

K20&K21州立美術館はK20という20世紀の美術作品を展示する近代美術館とK21という20世紀末から21世紀にかけての作品を展示する現代美術館の2つを指しています。

K20ではピカソやシャガールなどの作品が展示されており、K21には国内外の現代アートが展示されています。2つの美術館は歩いて10分ほどの距離がありますがシャトルバスが出ているので、時間があるのなら両方巡った方がより芸術に触れられるでしょう。

デュッセルドルフのおすすめ観光スポット⑤クンストパラスト美術館

instagram-image

andreasbrockhaus

クンストパラスト美術館は絵画やモダンアート、彫刻など10万点以上の作品が展示されています。古典作品から現代作品までさまざまな年代の美術品を楽しむことができます。美術館が入っているエーレンホーフ文化センターには写真やデザインをテーマにした「NRW-Forum」という美術館もあるので合わせて訪れましょう。

文化センターではコンサートやトークショーが開催されることもあります。

デュッセルドルフ観光で気を付けることとは

instagram-image

allinduesseldorf

ドイツで起きる犯罪の件数は日本の4倍にもなります。デュッセルドルフはドイツ内で2番目に犯罪件数の多い都市なので観光の際には気を付ける必要があります。特に日本人は窃盗の被害に遭いやすいので貴重品には十分注意を払いましょう。

デュッセルドルフ内で治安の良いエリアはケーニヒスアレーとシャドーシュトラーです。旅行で滞在する際はこのエリア周辺のホテルを予約することをおすすめします。

デュッセルドルフ観光では芸術に触れよう

instagram-image

kunstpalast

芸術の街と言われている通り、デュッセルドルフには美術館や博物館がたくさんあります。散策を楽しみながら芸術に触れる旅行を満喫しましょう。ケーニヒスアレーでは買い物を楽しむことができますが、貴重品からは目を離さないよう注意してください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/