ベネチアの観光名所6選!おすすめのスポットをご紹介!

日本からベネチアへは直行便が出ていて、飛行時間は12時間40分ほどです。ローマやパリで乗り継いでいくことも可能で、乗り継いだ飛行時間の合計は直行便とあまり変わりません。

ベネチアの観光名所6選

instagram-image

tabiryman

ベネチアはイタリアの北東部に位置する都市で水の都やアドリア海の女王という呼び名で知られています。徒歩で観光できるほどの大きさなので歩いて観光名所を回ることができます。主な名所は以下の通りです。

・サン・マルコ広場
・リアルト橋
・アカデミア美術館
・ムラーノ島
・リド島
・ブラーノ島

それぞれのスポットについて詳しくご紹介します。

ベネチアのおすすめ観光スポット①サン・マルコ広場

instagram-image

ayaaya_0806

サン・マルコ広場はナポレオンが世界一美しい広場と称賛したと言われています。サン・マルコという名前はベネチアの守護聖人である福音記者マルコに由来しています。

広場は白い列柱に囲まれていて付近にはサン・マルコ寺院や時計塔などの歴史的建造物が立ち並んでいます。カフェやお土産屋さんもあるので広場でゆっくりした後に立ち寄ると良いでしょう。

サン・マルコ寺院は福音記者マルコの遺体を祀るために建設されたもので世界遺産に登録されています。外観だけでなく内観の装飾も非常に豪華です。

ベネチアのおすすめ観光スポット②リアルト橋

instagram-image

yumefreenation

リアルト橋はカナル・グランデという運河にかかる橋で世界遺産に登録されています。別名を白い巨象といいます。橋がかけられた当初は木製でしたが火災により石造りのものに造り変えられました。設計案は一般公募から選ばれたものでアントニオ・ダ・ポンテの案が採用されました。

橋の上にはアーケードが作られ商店が立ち並んでいて、レストランもあります。橋から運河を眺める以外にも水上バスから橋を眺めるという方法があります。夜には周囲がライトアップされるので幻想的な景色を楽しむことができます。

ベネチアのおすすめ観光スポット③アカデミア美術館

instagram-image

tinker_richo

アカデミア美術館はダヴィデ像が展示されていることで有名な美術館です。制作したのはミケランジェロで高さ5mを超える像を三年かけて作り上げました。ミケランジェロが制作したものとしてパレストリーナのピエタも展示されています。80歳のときに制作に取り掛かったため未完のままの状態です。

美術館には他にも絵画や織物、楽器など2000点のコレクションが展示されています。

ベネチアのおすすめ観光スポット④ムラーノ島

 

instagram-image

say.y1212

ラーノ島はベネチアから10分ほどで行くことのでき、ベネチアングラスの工房が集まっている島として知られています。島にはたくさんの工房やガラスの歴史について学べる美術館などがあります。工房では職人たちが作品を作っている様子を見ることができます。

また、ガラス工房ツアーやガラス作り体験も行われているのでガラスに関する知識を増やしたい人にはおすすめです。

ガラス工房以外に有名な観光スポットとしてサンタ・マリア・エ・ドナート教会があります。この教会はベネチアの中で最も古い教会の一つに数えられています。ビザンティン様式の美しい床を見ることができます。

ベネチアのおすすめ観光スポット⑤リド島

instagram-image

mkgypsygirl

リド島はサン・マルコ広場近くの水上バスに乗船すれば15分で行くことができます。ベネチア国際映画祭の開催地として知られておりバカンスを楽しむ人でにぎわっている場所です。

アドリア海に面するビーチはバカンスのシーズンになると人が大勢訪れますがオフシーズンになるとのどかな雰囲気となりゆっくりすることができます。

島内で有名なのはベネチア国際映画祭のときに各国の映画監督が宿泊するホテルエクセルシオールヴェニスです。プライベートビーチやホテル専用の船着き場があるためバカンスシーズンの宿泊代金は非常に高額ですがオフシーズンになると手頃な値段で宿泊可能です。

ベネチアのおすすめ観光スポット⑥ブラーノ島

instagram-image

shumpei.0526

ブラーノ島はベネチアから40分ほどで行くことができる島でカラフルな街並みと伝統工芸のレース編みで有名な場所です。

どの家もカラフルな色で塗られているのは、漁から帰ってきたときに自分の家をすぐ見つけられるようにするためだと言われています。

伝統工芸のレース編みは漁業用のネットを作るための技術から生み出されたもので、世界中で人気を誇っています。ブラーノ島のレース編みはダイアナ妃の結婚式のウェディングドレスにも使用されました。島内にはレース博物館があり数百年前に作られたレース編みが展示されています。

カラフルな街並みは散策しているだけで十分楽しいですがレストランやお土産屋さんもたくさんあるので色々なお店を覗いてみると良いでしょう。

ベネチアを観光する際には島まで足をのばそう

ベネチアには世界的に有名な観光名所が多くどこを訪れるべきか迷ってしまうでしょう。サン・マルコ広場やリアルト橋のような定番スポットを巡るのも楽しいですが、時間があるのなら水上バスに乗って島まで足をのばすことをおすすめします。

イタリアならではの文化や芸術に触れることができて楽しい旅になること間違いなしです。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。