ニューカレドニア観光!南国で本場フランス仕込みのスイーツが楽しめる!?

「天国に一番近い島」と呼ばれているニューカレドニア。作家・森村桂の旅行記「天国にいちばん近い島」でニューカレドニアが描かれたことがきっかけで、そのように言われるようになりました。また、ニューカレドニアは綺麗なビーチと自然が溢れているため、リゾート地としても有名です。しかし、今回はビーチや自然のことではなく、ニューカレドニアのスイーツについてご紹介したいと思います。

 

観光地「ニューカレドニア」について

instagram-image

moca_melu

ニューカレドニアは、オーストラリアの東側・ニュージーランドの北側にある島のことを指します。ニューカレドニアはフランス領であるため、実は「ニューカレドニア」という国は存在しません。正式名称は「フランス領ニューカレドニア」です。そのため、ヨーロッパではないのにフランスの雰囲気があり、街並みや食生活などもフランスの影響を受けています。もちろん、スイーツもフランスの影響を受けているため、スイーツの本場の味を楽しむことができます。

 

フライト時間8時間、時差2時間

ヨーロッパの雰囲気を楽しめるニューカレドニアですが、フライト時間が約8時間と比較的短い時間で到着します。ヨーロッパにあるフランスに行こうとすると12時間以上はかかるので、短い時間でフランスの雰囲気を楽しめるのは嬉しいですよね。

さらに、時差が2時間と少ないので、体に負担をかけずに観光を楽しめます。海外旅行に慣れていない方は、時差ボケなどで旅行を思い切り楽しめないこともあるので、時差が少ないのは嬉しいポイントです。

このようにフライト時間や時差が少ないニューカレドニアは、体への負担も少なく海外旅行ができるので非常にオススメです。

 

公用語はフランス語

上記でご説明したように、ニューカレドニアはフランス領であるため、公用語はフランス語です。フランス語は英語とは全く異なる言語なので、理解するのは難しいでしょう。しかし、日本でニューカレドニアへの旅行がブームになったこともあり、ニューカレドニアのお店では日本語訳付きの説明なども用意されています。また、観光地としても人気なので、お店で働いている方であれば英語を話せる方が多いでしょう。しかし、地域によってはフランス語しか通じない場合もあるので、ボディランゲージや翻訳機などを使って上手に意思疎通をしましょう。言語が通じないのは不便ですが海外旅行の醍醐味の一つでもあるので、楽しんで乗り切りましょう。

 

ニューカレドニア観光で絶品スイーツを頂く

今回のメイン内容であるスイーツについて、ご紹介したいと思います。フランスのパリは、スイーツの本場として有名です。フランスの影響を強く受けているニューカレドニアは、オセアニア地域にいながらもフランスで食べられるような高品質なスイーツを食べることができます。

 

チョコレート

instagram-image

ai.life.m

フランスのパリでは、「サロン・デュ・ショコラ」という世界のチョコレートの祭典が毎年開催されています。日本でもサロン・デュ・ショコラは開催されていますが、パリが本場であり、規模も全く違います。このように、フランスにはチョコレートにこだわりを持つ専門店が多くあるのです。その影響を受けているニューカレドニアでもチョコレートの専門店が多く、ビーチでバカンスを楽しみながら、本格的なチョコレートを堪能できます。

ニューカレドニアでは「Tonton Jules (トントン・ジュール)」というチョコレート専門店がオススメです。Tonton Julesはヌメア市街地の中心部とシトロン湾にあり、地元の方からも愛されている老舗ショコラトリーになります。Tonton Julesは店内に一歩入ると、南国にいることを忘れるくらいオシャレな内装に目を惹かれます。ショーケースにはボンボンショコラが並んでおり、どれにしようか迷ってしまうでしょう。商品名の表記が日本語になっているのが嬉しいポイントです。

 

シュークリーム

instagram-image

takano_show

ニューカレドニアに行ったら、ぜひ立ち寄ってほしいのが「パン屋」です。日本では、パン屋と言うとパンしか売っていないイメージが強いと思います。しかし、ニューカレドニアのパン屋ではパン以外にもシュークリームやキッシュ、ピザ、ケーキなど、幅広い種類を取り扱っているのです。そのなかでも絶品なのが「シュークリーム」です。ニューカレドニアで「Chocquettes Vanille」と表記されていることが多いので、注意しましょう。日本で食べられるシュークリームとは、またひと味違うバニラが強いシュークリームを食べられますよ。

 

まとめ

instagram-image

yurichannel

ニューカレドニアについてと、ニューカレドニアのスイーツに関してご紹介しました。

「ニューカレドニア」という言葉は知っている方は多いと思いますが、場所や時差、フランス領であることなどは知らない方が多いのではないでしょうか?綺麗なビーチを楽しみながら、ヨーロッパの雰囲気や食事を楽しめるのは得をしている気分になりますよね。

今回はスイーツのことにしか触れませんでしたが、ニューカレドニアには自然が溢れ、綺麗なビーチが多くあるので、アクティビティも楽しむことができます。体を動かしつつ、疲れたら、ニューカレドニアの絶品スイーツも楽しんでみてくださいね。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー