アムステルダム観光の絶対外せないおすすめスポットはココ!

大概の場所で英語も通じ、治安も比較的良いオランダ。オランダと言えばやはり首都アムステルダム観光は外せません。日本人だけでなく、世界中からの観光客が訪れるアムステルダムには見どころがいっぱい。こちらでは、アムステルダムのおすすめ観光スポットをご紹介します。

 

アムステルダムの観光スポット

見どころのたくさんあるアムステルダムですが、こぢんまりとした街なのでその気になれば1日で全部回ることも可能です。移動中に見える運河や、たくさんの自転車が行きかうアムステルダムは見どころがいっぱいです。

アムステルダムの中心部にあるおすすめ観光スポットは、こちらでご紹介します。

 

アムステルダム中央駅

instagram-image

paradise_in_nagoya

1889年に開業した多くの国際列車が乗り入れるアムステルダム中央駅は、通過するだけでもったいないほど美しい駅です。駅舎はアムステルダム国立美術館の設計もしたカイペルスとA.L.ファン・ゲントによるもので、ネオゴシックとネオルネッサンスの特徴を併せ持つ様式です。

お土産物などを買うこともできるので、アムステルダム到着時に駅を利用しなくても、是非立ち寄ってみましょう。

 

ダム広場周辺

アムステルダムの中心にあるダム広場。もとはアムステル川をせき止めるダムであったため「ダム」広場と呼ばれています。現在ここには美しい王宮が見られますが、もともとは市役所として建てられた建物です。すぐ隣には新教会があり、美術館としても知られています。マダム・タッソー蝋人形館も王宮の反対側にあり、観光スポットとなっています。

 

アンネ・フランクの家

instagram-image

homesweetoffice

「アンネ・フランクの家」は、ユダヤ人迫害を逃れるために、アンネ・フランク一家が隠れていた建物に残された当時の様子がそのままうかがえるミュージアムとなっています。

近年、入場者の多さから、入場には事前予約が必要となっています。当日でもチケットが余っている可能性があるので、あきらめずにオンラインで予約状況をチェックしてみましょう。

 

アムステルダム国立美術館・ゴッホ美術館

instagram-image

shibarakutravels

国立美術館では、日本でも有名なレンブラントやフェルメールなどの絵画をはじめとした膨大な数の作品が展示されていて、一日中いても楽しめるほどです。

すぐ隣にあるゴッホ美術館は、ゴッホ好きにはたまらない場所です。有名なゴッホの作品が、おもいっきり堪能できます。

 

美術館で貴重なコレクションを堪能できるのも、アムステルダムならではです。見たいものをあらかじめチェックしておいて効率的にまわるなどすれば、全部のスポットを1日で回ることも可能です。優先順位をつけて、上手にアムステルダムの見どころを堪能しましょう。

 

アムステルダムの観光での注意点

instagram-image

iamsterdam

外国なら治安なども日本と違うことは当たり前ですが、特にオランダでは日本と違うことが色々あるので、注意が必要です。

こちらでは、治安以外でアムステルダムの観光の際に、気を付けるべきポイントをご紹介します。

 

オランダでのドラッグは本当に合法?

オランダで「coffee shop(コーヒーショップ)」とは、日本で言うところのコーヒーショップ、つまり喫茶店やカフェではなく、合法のソフトドラッグが手に入れられる場所です。オランダは一部のソフトドラッグが合法ではありますが、ソフトドラッグ以外は違法ということはあまり知られていません。また、近年、近隣諸国からの圧力により、規制が厳しくなっていて、今後法律が変わる可能性もありますので、現地に行く前には必ず最新情報を確認してください。

また、コーヒーショップの界隈では治安の良くないことも多いので、くれぐれも興味本位で立ち寄ることは避けましょう。

 

日本への持ち込み制限があるものに注意!

オランダではチューリップの球根もあちらこちらで売っていますが、持ち帰る際はオランダの検査済みの証明書をもらうことと、日本到着時に検疫を受ける必要があります。どうしても球根が欲しい方は空港で検査済みの物を購入したほうがよいでしょう。

 

アムステルダムでは自転車に注意!

アムステルダムは非常に自転車の多い街です。観光にレンタサイクルを利用する場合もあるでしょう。その自転車に関してですが、2点注意点があります。

1つ目は、自転車の乗り方です。自転車専用レーンを走る必要があること、歩道は通行禁止であること、曲がる際は手信号が必要であることです

2つ目は、盗難対策です。現地の人は、チェーンを橋の欄干や電柱などにしっかりと固定して駐輪します。たとえ数分でも施錠しないままで自転車を放置することは避けたほうがよいでしょう。

また、歩行者として歩く際は、くれぐれも自転車専用レーンを歩かないように気をつけましょう。

 

国が違えば、色々と日本と違うこともあります。手荷物に気をつけるのと同じように、こちらでご紹介したことも自己責任で、ルールを守るようにましょう。

 

まとめ

せっかくの旅行なのですから、トラブルがないに越したことはありません。アムステルダムの観光地をまわりながら、オランダらしさを満喫してください。しっかり準備して、思い出深い、楽しい旅となりますように。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/