北京を観光するならコレを食べて!オススメの北京料理4選

中国の首都である「北京」。2008年には夏季オリンピックが開催され、2022年には冬季オリンピックも予定されています。また、日本でも「北京ダック」が食べられていたり、北京は身近な都市のように感じますよね。有名な世界遺産である「万里の長城」もあるため、観光地としても人気です。今回は北京の「食べ物」に注目して、ご紹介したいと思います。

 

北京を観光する前に知っておきたい食事情

北京を観光する際に世界遺産を見たり、ショッピングをする他に楽しみなのが「グルメ」ですよね。中華料理は日本でも馴染み深く、本場の味を感じるのを楽しみにしている方も多いと思います。北京でのオススメグルメをご紹介する前に、北京の食文化について簡単にご説明します。

 

北京で食べられるのは「北京料理」

instagram-image

sundayafternoonfoodie

中国は、日本の約26倍もの面積がある国です。そのため、中華料理であっても地域によって食べられている物に差があります。日本でも、関東と関西で出汁の取り方が違ったり、醤油の濃さや味が違うことがありますよね。そのようなことが、中国内でもあるのです。

北京で食べられるのは「北京料理」で、こってりと塩味が強いことが特徴です。「北京ダック」も塩味が強めの料理ですよね。中国料理として有名なのは、上海周辺で食べられている「上海料理」の小籠包や上海蟹、四川周辺で食べられている「四川料理」の麻婆豆腐やエビチリ、担々麺などが挙げられます。北京料理は、日本ではあまり食べられていない中国料理とも言えますね。だからこそ、本場で色々な北京料理を楽しみたいものです。

 

北京を観光するならコレを食べよう!

中華料理のなかでも、北京では北京料理が食べられることをご紹介しました。それでは、具体的にオススメの北京料理についてご紹介したいと思います。北京で食事に悩んだ場合は、以下の料理を探してみてください。

 

北京ダック

instagram-image

yuna.zhongdao

北京ダックは、その名の通り「アヒル」を味付けしたものを丸焼きにする料理です。日本で北京ダックと言えば、皮だけを薄く切って、甘味噌や具と一緒にカオヤーピンという薄い皮に巻いて食べるイメージが強いです。しかし、本場北京では肉を厚く切るのがスタンダードとされています。そのため、北京で食べる北京ダックは日本よりも食べ応えがあるのです。

北京ダックに使うアヒルには、ビタミンやミネラル、コラーゲンなどがたっぷりと含まれているため、美肌効果があるとされています。女性には嬉しい効果ですね。

 

羊肉のしゃぶしゃぶ

instagram-image

cocolashka

日本で羊肉と言えば、味付けがしてある羊肉を焼肉のようにして食べる「ジンギスカン」ですよね。羊肉のしゃぶしゃぶは専門店が出店していることがありますが、まだまだ聞き慣れないと思います。北京では、その昔にモンゴル帝国の皇帝フビライ・ハンが、中国統括の戦の際に好んで食べたことから広まったとされています。

羊肉は臭みが気になる場合が多いため、味の濃いタレと一緒に食べます。脂身が少なく、赤身が多い肉質なので、あっさりと食べることができます。低カロリー・高タンパクな点も嬉しいですね。カロリーを気にする女性も、罪悪感なく食べることができますよ。中国では新鮮な羊肉を食べられるので、臭みも気にならないと思います。ぜひ、本場で食べてみてください。

 

刀削麺(トウショウメン)

instagram-image

mickey_4972

「刀削麺」という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。その名の通り、麺の記事を包丁で削るようにして作るのです。お湯が沸いている鍋よりも少し遠くから麺を飛ばすようにしている姿は、パフォーマンスとしてお客様を湧かせています。ガラス張りの調理場で、パフォーマンスを披露しているお店もあるので、覗いてみてください。

茹でた麺は大きさが不揃いですが、その違いによって様々な食感が生み出され美味しさを増します。基本的にはスープに入れて食べることが多いですが、甘辛く炒めて食べるお店もあるようです。

 

饅頭(マントウ)

instagram-image

ciyocof0214jj

この文字だけをみると、甘いおまんじゅうをイメージする方も多いと思いますが、北京料理の饅頭は少し違います。簡単にご説明すると、具なしの肉まんという感じです。周りのふわふわとした生地だけでできており、ほのかな優しい甘みが感じられます。中国式の蒸しパンで、軽食としてぴったりです。北京では、ご飯の代わりに饅頭を食べながらおかずを食べる方が多くいます。

肉まんの皮だけが好きな方も多いのではないでしょうか。日本ではなかなかない食べ物ので、北京に行った際には要チェックです。

 

まとめ

instagram-image

sundayafternoonfoodie

北京観光中にオススメの食べ物について、ご紹介しました。

中国は非常に広いので、都市によって若干食べるものが変わります。もちろん、北京でも四川料理や上海料理も食べることはできますが、本当の本場である北京料理を積極的に食べることをオススメします。

中華料理は北京料理や上海料理、四川料理、広東料理など日本人の口に合う料理が多いので、観光中にグルメを楽しめるのも嬉しいですよね。日本でも食べられる物は多いですが、本場の味は本場でしか味わえません。日本では味わえない北京料理を堪能してください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/