ホーチミン観光は1日で回れる!おすすめのスポットから夜景まで

ベトナムでいちばん栄えているホーチミン。

近代的な建物もどんどん増え、活気あふれる街となっています。

ホーチミン観光は比較的中心部に多いため、1日でも十分回れるほど。

ここだけは抑えて欲しい観光スポットをご紹介します。

また夜景が楽しめるスポットもあるので、合わせてご覧ください。

ホーチミン観光:フランス建築文化が残る建物

フランス植民地だったベトナムには、今も多くのフランス建築物が存在します。

その建物を探すだけでも十分楽しいですが、ぜひ見ていただきいスポットは次の3つ。

美しい装飾にうっとりしますよ。

サイゴン中央郵便局

ホーチミン中心部に位置するサイゴン中央郵便局。
外観からは郵便局と思えないですが、それもそのはず。

オルセー美術館がモチーフになっているからです。

中は当時の面影を残しつつ、お土産屋も併設。

当時の切手も販売しており、郵便局としても現役で機能しています。

目の前はサイゴン大教会で、ホーチミン観光の定番ともいえます。

市民劇場

instagram-image

schonbrunnaugust

通称オペラハウスと呼ばれている市民劇場の外観は、フランスのオペラハウスに似て存在感を表しています。

演劇やイベント以外は閉鎖されており中には入れませんが、入り口には多くの観光客がここで写真を撮っています。

この周辺はプチパリと呼ばれるぐらいフランスを思わせる雰囲気なので、散策するだけでも楽しいスポットなんです。

ホーチミン市人民委員会

中心部のメインストリート端に位置するホーチミン市人民委員会。

まるでパリを思わせるかのような佇まいで、ベトナムにいることを忘れてしまうほど。

外観の装飾も細かく、その美しさは圧巻です。

建物内に入ることはできませんが、夜のライトアップはおすすめなので写真撮影にピッタリですよ。

ホーチミン観光:戦争の悲惨さを学べる場所

ベトナム戦争の悲劇がまだ残るベトナム。
その悲惨さを伝えるスポットもあります。

ベトナムの歴史を知るうえで重要なスポットです。

戦争証跡博物館

ベトナム戦争の悲惨さを物語る博物館。

展示品や写真も数多くあるため、英語やベトナム語が分からなくても十分に戦争の恐ろしさを知ることができます。

敷地内には当時使われた戦闘機や戦車なども展示。

当時、日本のカメラマンが撮影した戦争写真も数多くあります。

今一度、戦争について考えるいい機会ですのでぜひ訪れてください。

統一会堂

instagram-image

ryo_dipper

突如現れる大きな広場、その向こうには堂々たる建物がある統一会堂。

ここはベトナム戦争とも深いかかわりのある場所なんです。

地下は軍事施設、そして事実上のベトナム戦争終結の場として重要な役割を果たしていました。

日本語の音声ガイダンスもありますので、じっくり説明を聞きながら回ることをおすすめします。

ホーチミン観光:さまざまな宗教建築物

ベトナムは仏教信仰者が多いものの、フランス植民地時代もあったため教会も多く存在します。

今回は代表的な場所をご紹介します。

サイゴン大教会

instagram-image

nagiyan___

ホーチミン中心部に突如現れるカトリック教会。

2019年9月現在、修復中のため全貌を見ることはできませんが、正面の風貌を見るだけでも重厚で歴史を感じる教会です。

修復中であっても多くの観光客が訪れる人気スポット。

朝であれば、人も少なくフォトチャンスも狙えますよ。

セントラルモスク

instagram-image

rika.0u0b

シェラトンホテル近くにひっそりと建っているセントラルモスク。

決して大きいとはいいがたいですが、イスラム教徒の方が礼拝している神聖な場所です。

他のモスクとは違いゆるいイメージで、見学や写真撮影は自由に行うことができます。

ただし肌の露出は禁止なため、行かれる際は服装に注意してください。

永厳寺

日本ともゆかりのあるベトナム南部最大のお寺です。

比較的新しいお寺で、創建は1971年。
日本へ留学していた僧が帰国後に開いたお寺なんです。

永厳寺で見ていただきたいのは鐘楼。

平和の鐘とも呼ばれており、日本語で言葉が彫られています。

これは日本とベトナムの友好を象徴した鐘。

実際にどのような言葉が彫られているか、確認してみてください。

ホーチミン観光:市内を一望!夜景におすすめ

ホーチミンには高いビルはさほど多くありません。

その中でも、ひと際目を引く建物が2つあります。

ぜひこちらからホーチミンの夜景を楽しんでください。

サイゴンスカイデッキ

次にご紹介するランドマーク81ができるまでは、ホーチミンでいちばん高いビルだったビテクスコ・フィナンシャルタワー。

中心部に位置し、近代的な建物なので一目でわかります。

この建物にサイゴンスカイデッキという展望台が設けられています。

360度展望でき、昼夜問わず人気の展望台ですが、おすすめはやっぱり夜。

ベトナムはオレンジ色の薄暗い照明が印象的ですが、展望台から見るその光景も幻想的でどこか落ち着きます。

ランドマーク81

2018年3月に完成した、ベトナムでもっとも高いビルです。

ショッピングセンターも併設したビルのため、買い物にも適した場所です。

高層階には展望台も完備されているので、ホーチミン市内を一望できるんです。

中心部からはタクシーで約15分ほどなので、簡単に行くことができます。

まとめ

どんどん近代的になるホーチミン。

その中でもフランス統治時代の面影を残すスポットがたくさんあるので、散策するだけでも楽しめます。

フォトスポットはたくさんあって、いつも現地ベトナム人もこぞって写真を撮り合っているんです。

東洋と西洋の中和した街並みをぜひ楽しんでください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。