税金が安いって本当?移住したい国マレーシアの税金まとめ 

マレーシアの首都は、活気あふれるアジアの大都市のクアラルンプール。日本からも多くの日本人がビジネスや観光に訪れる街ですよね。マレーシアには大都市の部分だけでなく多くのリゾート島もあり、都市も楽しめゆったりとバカンスも楽しめます。そんなマレーシアは日本人の移住したい国として知られています。物価が安く、暮らしやすい

ここではちょっと長期でマレーシアに住んでみたい!という方に特に気になるのがマレーシアの税金。日本とは違って安いのか?どんなところに注意すべきなのか、まとめてご紹介していきましょう。マレーシアに魅力を感じるあなた、ぜひ確認しておいて下さいね。

 

気になる税金!マレーシアの基本情報

instagram-image

ykphotos_80

マレーシアは、日本から飛行機で約7時間。マレー半島南部とボルネオ島北部からなる国家です。首都のクアラルンプールは、近年非常に近代化が進んでいて多民族国家としても知られています。またイスラム教が国教で、マレー系を中心にイスラム教が信仰されています。

 

マレーシアは資源が豊富だから税金が安い?

マレーシアでは、スズ鉱の採掘がさかんです。石炭、原油、天然ガスも産出していて、石炭は世界の1%を占めているのが、マレーシアです。また、日本の天然ガスの20%はマレーシアからの輸入となっています。このように、マレーシアは資源が多いのが特徴です。

マレーシアの税金が安いのは、国営石油会社に財源をたよっていることが挙げられます。しかし石油価格などの不安定さから、政府は石油関連の依存の脱却を図ろうとしています。

 

マレーシアでは年金に税金がかからない?

マレーシアの移住が人気のひとつに、マレーシアで日本の年金を受け取る際に税金がかからないことが挙げられます。老後はマレーシアで住みたい、という日本人が多いのがうなずける制度ですよね。

 

マレーシアの税金の種類と詳細は?

それでは、マレーシアの税金がどのような仕組みになっているのか順番に見ていきましょう。どのようなものに税金がかかって、また日本では税金がかかるものもマレーシアではかからないものもありますので、必見ですよ。

 

消費税

マレーシアでは、2015年から消費税が導入されていましたが、2018年度になんと消費税が廃止されています。日本では消費税が導入されて以来、上がりっぱなしの状態で遂には10%になりましたよね。そんな日本の状態に比べると消費税がゼロなのは驚きですね。

 

サービス税・物品税

マレーシアでは、消費税がなくなりましたが、サービス税と言われるものがあります。このサービス税は、GST(Goods and Services Tax)と呼ばれるもので、レストランやホテルなどサービスをうけた場合に一律6%の税金がかかります。このサービス税には、会計士や弁護士費用などにもかかります。

物品税とは、特定のものに対してかかる税金のことです。例えば、お酒やたばこなどには、高めの税金がかかります。特にマレーシアでは、国教がイスラム教で公共の場などでは、禁止されていることもあり、他のものより高く感じることが多いです。特に日本人がマレーシアに行った場合に、日本よりも物価が安いからと油断していると、お酒など日本と同じくらいの金額を払うこともありますよ。

 

所得税

マレーシアでは、マレーシアで働いており、年間の収入が5,000リンギット以上ある人に対して所得税がかかります。この所得税は累進課税制となっていて、所得額に対して1%~28%の税金が課せられます。

注意点は、マレーシアの滞在が約半年未満の非居住者に対しては、最大の28%の所得税がかかってくることです。居住者になってから、確定申告で遡って申請することは可能です。

 

住民税

マレーシアでは、住民税はかかりません。なんとも嬉しい制度ですよね。

 

相続税・贈与税

マレーシアでは、相続税や贈与税もかかりません。マレーシアで不動産を購入する方が多いのも納得の理由ですよね。ただし、日本に居住している場合は、日本でマレーシア不動産に対する相続税や贈与税がかかるので、注意しましょう。

 

固定資産税

固定資産税は日本と同様に存在しますが、その税金は日本に比べると非常に安いです。不動産の種類の、都市や住宅地か商業用地かにより税率は変わってきます。また、この固定資産税は土地に対するものと、建物に対するものの2種類があります。

 

法人税

法人税は、日本の税率に比べて低く、最高税率が24%となっています。また、RM500,000以下の利益の法人に対しては、19%の税率になっていて、マレーシアで多くの法人が進出しています。

またマレーシアでは、ラブアン島がタックスヘブンの島としても知られ、ラブアン法人という特別な制度で、条件はありますが税金に関して多くのメリットがあります。

 

まとめ

さて、ここまでマレーシアの税金についてご紹介してきましたが、いかがでしょうか。マレーシアでは税金のかからないものも多いので、移住する方が多いのも納得ですよね。今後税制などは変わる場合もあるので、マレーシアでの企業や移住を考えている方は、今後の動向に注意しておきましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー