海外社員旅行の人気の行き先5選!突然のトラブルで困った時の対処法も

忘年会や新年会と意味合いが異なる社員旅行は、社員同士の親睦が深められることから会社内でも盛り上がるイベントです。また、LCCの就航により、比較的安い値段で海外に行けることから、社員旅行の行き先としては海外が圧倒的な人気となっています。

今回は、社員旅行で人気の海外の行き先や、渡航先でトラブルに巻き込まれた場合の対処方法も併せて紹介します。ぜひ、社員旅行に参加して、有意義な時間をお過ごしください。

海外社員旅行の目的

家族や友人と出かける旅行とは、一味違う意味を持つ旅行が社員旅行です。社員旅行の目的には、「社員同士のコミュニケーションの活性化」「モチベーションアップ」「スキルアップ」の三つが挙げられます。

いつもとは違う環境で、他の部署の人と交流を深め、コミュニケーションを活性化することで、円滑に仕事の能率を上げられます。

また、普段は会社のために一生懸命働いている社員に旅行でリフレッシュしてもらい、モチベーションをアップしてもらう狙いがあります。

企業によっては、旅行中にセミナーや体験型のビジネスシミュレーションゲームを取り入れ、時間の確保が難しい社員のために、業務の枠を超えてスキルアップする時間を確保しているようです。慰安旅行から研修旅行まで、海外社員旅行の目的も多岐にわたっています。

海外社員旅行で人気の行き先5選

グアム

日本から一番近いビーチリゾートとして広く知られているのがグアムです。東京発の直行便も1日4便就航し、約3時間30分のフライトで到着します。主要な観光スポットやほとんどのホテルに日本語が話せるスタッフが常駐しているため、初めてのグアムでも安心して楽しめます。

また、年間を通じて透明度の高い海でシュノーケリングやイルカウォッチングなど、ビーチアクティビティが楽しめるため、思い出に残る社員旅行になることでしょう。時期に左右されず、好きなタイミングで旅行のプランを立てられるところも、社員旅行でグアムが選ばれるポイントです。

 

【グアムでトラブルに巻き込まれた場合】

基本的には治安が良いといわれているグアムでも、不景気の影響で徐々に犯罪件数が増加傾向にあります。観光客をターゲットにしたスリやひったくり、置き引きなども後を絶ちません。

旅行中にトラブルに巻き込まれたら、「グアム警察・472-8911」「タモン交番・646-7911」「グアム消防署緊急救助・477-2615」のいずれかに電話すると良いでしょう。

また、パスポートを盗難・紛失した場合は、盗難証明書もしくは紛失証明書をもらい、日本領事館で手続きしてください。日本領事館の電話番号は「646-1290」です。領事館の開館日・業務時間は、月~金曜日の8:30~12:30、13:30~16:30で、土日はお休みになっています。

台湾

女子旅で人気の台湾は、日本から約4時間(東京発)のフライトで到着する気軽に行ける海外として、日本人にとって人気観光スポットです。

小籠包や魯肉飯などのB級グルメの他に、有名店で味わえる海鮮料理やローカルに人気のスイーツなど、絶品グルメを味わえるのも台湾旅行の魅力といえます。また、「千と千尋の神隠し」のモデルになったといわれる幻想的な街並みも、海外からの観光客を魅了しています。

さらに、外せない台湾の人気スポットが「夜市」です。日本のお祭りや縁日のような雰囲気が漂っているため、子供時代にタイムスリップしたかのようなワクワク・ドキドキの体験ができます。ぜひ、明日の朝の時間を気にせず楽しめる宴会の後に、社員みんなで夜市へ出かけてみてください。

台湾の街では、マナーに気をつけましょう。日本と異なり、公共の乗り物(バス・電車)では飲食が禁止されています。また、公共の場所での喫煙も禁止されているため、社員の中に喫煙者がいる場合は、事前に喫煙できる場所をチェックしておくと良いでしょう。

 

【台湾でトラブルに巻き込まれた場合】

警察を呼ぶ場合は、日本と同じ「110」に電話しましょう。また、緊急を要しない時は、近くの交番でも対応してくれます。お財布など紛失した時は、きちんと紛失届を提出してください。

また、旅行前に海外旅行保険に加入している方は、台湾で病気やケガをした時、保険対応してくれる病院を探すことをおすすめします。

韓国・ソウル

2~3時間で行ける韓国は、日本から一番近い外国で、女子旅や卒業旅行にも人気です。首都・ソウルは、グルメ・美容・ショッピングなど女性が大好きなものが溢れ、週末にリフレッシュできる海外として注目されています。近いというだけでなく、日本語表記の看板やメニューもあるので、韓国初心者でも「遊ぶ・食べる・買う」を十分に楽しめます。

社員旅行で訪れたら、ソウル一の繁華街・明洞は外せません。昼も夜もたくさんの人で賑わうエリアでは、B級グルメ屋台や高級レストランさらには、女性に人気の韓国コスメショップなどがずらりと並んでいます。また、ショッピングに興味のない男性は、カジノでスリルを味わってみてはいかがでしょう。

また、周辺には、新しいホテルが続々とオープンしているので、明洞周辺で宿泊先を選ぶと便利です。ショッピング好きの方には、眠らないファッションの街・東大門がおすすめです。朝まで営業しているお店がたくさんあるため、ゆっくりショッピングを楽しめます。アウトレットや免税店もあるため、自分用や大切な人へのお土産選びにおすすめです。

 

【韓国でトラブルに巻き込まれた場合】

韓国でトラブルに巻き込まれたら、警察は「112」、救急車や消防車を呼ぶ時は「119」に電話してください。三者間通訳サービスを導入しているため、「ジャパニーズプリーズ」というと日本語に通訳してくれます。

また、病気で判断に迷う場合は、緊急医療窓口の「1339」がおすすめです。年中無休で医療の知識が豊富なスタッフが日本語で丁寧に対応してくれます。

香港

ヨーロッパとアジアの文化が交錯する香港は、アジアの他の国とは異なるオリエンタルな雰囲気が漂っています。日本から約5時間の空の旅(東京発)で到着するため、2泊3日の週末旅行にも人気です。

世界各国から訪れる観光客に人気のヴィクトリアピークからの眺める「100万ドルの夜景」は、数ある香港の夜景とは一線を画す美しさです。また、毎日20時から開催される光と音楽のレーザーショー「シンフォニー・オブ・ライツ」の作り出す、ギネスにも認定されたロマンティックなイルミネーションも必見です。

ローカルに人気のB級グルメから本格中華料理まで、様々なスタイルの香港グルメを楽しめるところも、香港が海外社員旅行の行き先におすすめの理由といえるでしょう。買い物天国といわれる香港では、高級ブランドショップや巨大ショッピングセンターの他、昔ながらの老舗店や女人街・男人街などで激安ショッピングも楽しめます。

 

【香港でトラブルに巻き込まれた場合】

香港では、警察・救急車・消防署の共通の電話番号が「999」です。何か、トラブルに巻き込まれたら電話しましょう。

また、言葉に不安のある方は日本領事館(852)2522-1184へ連絡してください。パスポートを紛失・盗難した時は、すぐ警察に届けてポリスレポート(盗難・紛失届)を入手してください。その後、領事館でパスポート再発行の手続きをしましょう。

オーストラリア

人気の旅行先にランキングされることの多いオーストラリアは、海外社員旅行の行き先としても大人気です。成田空港からLCCが就航していることもあり、低コストで訪れられることも人気の要因として挙げられます。

広大な大自然を満喫できるオーストラリアでは、世界遺産に登録されているダイビングスポットや世界最大のサンゴ礁・グレートバリアリーフなどの自然を堪能しながらマリンスポーツを楽しめます。また、オーストラリアの中でも人気のゴールドコーストは、マリンスポーツだけでなくショッピングも楽しめるため、特におすすめのスポットといえるでしょう。

ただ、オフシーズン・オンシーズンによって、渡航費にかなりの差が出るため、社員旅行の時期は重要です。また、物価が他の国に比べて高いので、お小遣いの予算は高めに設定することをおすすめします。

日本や他の国では大丈夫な物でも、オーストラリアでは持ち込み禁止になっていることがあり、場合によっては没収されます。例えば、オーストラリア産以外の種子・豆類・缶詰以外の肉類・卵・野菜・乳製品などは持ち込みが不可です。空港で慌てないように、持ち込み禁止のリストを出発前にきちんとチェックしておくと良いでしょう。

 

【オーストラリアでトラブルに巻き込まれた場合】

オーストラリアでは、「000」へ電話すると警察署・消防署・救急車のすべてにかけられます。万が一トラブルに巻き込まれたら、まず「000」に電話してください。要件によって「ポリス」「ファイヤー」「エンビュランス」というだけで通じます。

まとめ

今回は、海外社員旅行の人気の行き先や、旅行中にトラブルに巻き込まれた時の対処法も併せてご紹介しました。短時間のフライトでグルメやショッピングを楽しめる国、さらにはマリンスポーツなどのアクティビティを満喫できる国など、普段の家族旅行や女子旅に人気のスポットが勢ぞろいしています。

また、各渡航先で、トラブルに巻き込まれた時の連絡先をまとめているので、いざという時に役立つはずです。しっかり準備して、社員旅行に参加したら、思う存分旅を満喫してください。上司や同僚の見たことのない表情に触れられるのも社員旅行の醍醐味です。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー