海外旅行初心者におすすめの国5選【2019年版】

海外旅行初心者でも楽しめる国は?

海外旅行に行きたい!そう思っても、これまで海外に行った事がない人は飛行機の乗り継ぎや現地の治安、食事など心配なことがたくさんあると思います。
そこで今回は海外旅行初心者におすすめの国をいくつかと、目的地を選ぶときのコツをご紹介いたします。
ぜひ参考にしてください。

海外旅行初心者におすすめの国①:ハワイ(アメリカ合衆国)

国ではないのですが、日本人に人気の旅行先で、初めての海外旅行先としてもとてもおすすめです。
日本人の観光客が多いため、日本語が通じるホテルやレストラン、お土産屋さんが多く、滞在中の生活で困ることはないでしょう。
透き通った海に青い空、南国の植物と、景色も日本とは全然違いますので、海外の雰囲気も味わえます。
パンケーキやアサイー、エッグベネディクトなど、日本で流行のグルメを本場で味わうのも良いですね。
ダイヤモンドヘッドやイオラニ宮殿など主要な観光地には循環バスが通っていますし、ショッピングに行く場合にはアラモアナセンターとダウンタウンを結ぶトロリーバスもありますので、移動も簡単です。
ハワイの治安は悪くはないですが、近年旅行者を狙った犯罪が増加傾向にあるため、人通りの少ない道は歩かない、深夜に出歩かない、などの基本事項は守ってください。
基本的なことさえ守っていれば、ハワイは日本からの直行便があって景色が美しく、ご飯も美味しい、しかも日本語が通じやすいと、まさに初めての海外旅行にうってつけの場所です。

海外旅行初心者におすすめの国②:韓国

韓国ドラマやアイドルなどの影響で、年代に関係なく日本人女性から人気の旅行先です。
韓国グルメやショッピング、ロケ地めぐりなど、できることがたくさんありますね。
飛行機で関空からだとおよそ2時間、成田からでも3時間以内に着いてしまう近さも魅力です。
土日などの短いお休みでも気軽に行く事ができ、中には朝早く行って当日の夜に帰るという猛者もいるほど。
長期休みを取らなくても良いので計画も立てやすいです。
多くの日本人観光客が訪れるため、ホテルやレストランでは日本語のインフォメーションが用意されていることも多いです。
博物館や故宮殿などの観光地でも、日本語ガイドがあることがほとんどなので、韓国語が分からなくても十分に楽しめます。
また食事も、近年の韓国グルメブームによって私たちが慣れ親しんだ味が多いため、口に合わなくて食べられない、ということもないでしょう。
中には激辛メニューもありますが、そのようなものは韓国人からしても食べられないほどなので、観光客向けでなくても普通のレストランに入れば美味しいものが食べられます。
物価は日本と同じか、むしろ少し安いぐらいです。
地下鉄や電車も整備されていて、日本の電車と同じように色分けされた路線図もありますので、それを見ながら電車移動に挑戦してみるのもおすすめ。
韓国では言葉は分からなくても、日本と同じように快適に過ごす事ができるでしょう。

海外旅行初心者におすすめの国③:台湾(中華人民共和国)

台湾も国ではないのですが、海外旅行初心者の日本人に非常におすすめです。
なぜなら案内板や看板が漢字で書かれているため、話す言葉が分からなくても、文字を見ればある程度意味を把握することができます。
駅はどちらの方向か、この料理には何が入っているのか、などで困ることは少ないでしょう。
年配の方の中には植民地時代の影響で日本語を話せる方もいます。
反日感情がないかどうか心配になるかもしれませんが、どちらかというと日本軍が街のインフラを整備したという理由で好意的な姿勢の人が多いよう。
韓国と同じように、台湾にもまた、小籠包などの日本でも人気のグルメが存在します。
夜市の屋台が有名ですので、台湾グルメの食べ歩きやショッピングを楽しむのも良いと思います。
他におすすめなのはマッサージで、日本よりも安い金額で足ツボマッサージなどが受けられます。
ホテルのフロントにお願いすれば良いところを教えてもらえるだけでなく、ホテルとお店間の送迎をしてもらえることも。
ただ少し割高になりますので、それが嫌な人は自分でお店を探してみましょう。
ホテルと提携していなくても、日本語メニューがあるお店や日本語が話せるスタッフのいるお店も多いです。
台湾の地下鉄もきれいに整備されていて初心者でも使いやすいうえに、旅行者用のパスも販売されています。
お得に観光を楽しみたい人は地下鉄を利用するのがおすすめです。

海外旅行初心者におすすめの国④:カナダ

アジア以外の旅行先に行きたい、英語圏に行きたいという人にはカナダがおすすめです。
カナダは都市と自然のバランスが良く、ダウンタウンに行けばショッピングや劇場などのエンターテイメントを楽しめますが、少し歩くと自然豊かな公園でハイキングなどをすることもできます。
近隣のアメリカやメキシコに比べて治安も良く、「世界一住みやすい都市」にもランクインしています。
そのためか海外からの移住者も多く、ダウンタウンでは各国料理のレストランが並び、色々な国の料理が食べられます。
日本からの移住者や留学生、ワーキングホリデーなどで滞在している人なども多く、日本食レストランもたくさんありますので、海外の食事が口に合わなくて困ったら、そういったところに行くと良いでしょう。
またコンセントのプラグの形が日本と同じA型であるのもポイントです。
日本から変換プラグを持って行く必要がなく、携帯の充電器やPCなどの低電力のものはそのまま差し込んで使うことができます。
ただし電圧は少し異なりますので、ドライヤーなどを使いたければ変圧器を持っていったほうが良いでしょう。
欧米文化に憧れるものの、都会すぎるのは少し怖い・・・と考えている人にカナダはおすすめです。

海外旅行初心者におすすめの国⑤:オーストラリア

オーストラリアは南半球にあるので、日本とは季節が真逆ですが、経度が近いため時差はわずか30分~2時間しかありません。
もし旅行中に何かあったときにも、日本の旅行会社や保険会社などに電話しやすいのが良いです。
羽田や成田、関空から直行便が出ていて、飛行時間は8~10時間です。
オーストラリアも自然が豊かな国で、エアーズロックやグレートバリアリーフなどの素晴らしい景色が見られる一方、シドニーやメルボルンなどの都市ではオペラハウスやハーバーブリッジなどの建築物、博物館や市場でのショッピングも楽しめます。
動物園などでコアラやカンガルーと一緒に写真を撮るのもオーストラリアならではのアクティビティで人気があります。
治安も悪くないので、1都市に滞在する場合は個人旅行でも大丈夫だと思いますが、国内で複数都市をめぐる場合はツアーに参加した方が良いかもしれません。
オーストラリアは国内でも時差があるほど土地が広大なので、国内の移動でも飛行機を使うのが一般的なのですが、航空会社がたくさんあり、それぞれ価格や積み込める荷物の量などのルールが異なるため、自分で調べて予約するとなると結構大変です。
初めての旅行ではそういった煩雑な手続きは旅行会社にお任せして、楽しむことに専念した方が良いと思います。
各観光地で日本語ガイドが利用できるほか、日本人の移住者も多いので、事前にネットやガイドブックで詳しい情報を入手することもできます。
見所が多い国なので、行きたい場所やお店を調べてリストアップしておくと、限られた時間でも存分に楽しめるでしょう。

必見!海外旅行初心者が目的地を選ぶときのコツ

今回ご紹介した国や地域のほかにも、以下のことを目安にして目的地を決めると、初心者でも楽しみやすい場所が見つかります。

移動時間が長すぎない、かつ飛行機の乗り継ぎがない

初めての海外旅行となると、飛行機に長時間乗ることや、もしかしたら飛行機に乗ること事態が初めてという人もいるでしょう。
そうなるとあまり移動時間が長くかかる国はおすすめできません。
飛行機に長い間乗っていると単純に疲れてしまいますし、適度に歩いたりしなければエコノミー症候群になる恐れもあります。
ましてや初めての飛行機となると勝手が分からず気を張って余計に疲れてしまうこともあるでしょう。
最初は長くても12時間以内で到着できる国にしておいた方が良いかと思います。
また乗り継ぎがあると、海外の空港で、自分で次の搭乗口を探したり、荷物を積み替えなければならない場合もあります。
これらは慣れていないとなかなか大変なので、最初は直行便を利用するか、日本語が堪能なガイドさんのいるツアーなどに参加するようにしましょう。

言葉がある程度理解できる

例えば標識が英語や漢字で書かれていれば、トイレや駅がどちらにあるかなどは理解できます。
たとえツアーに参加する場合でも、自由時間や買い物の時間などがあると思いますので、そんなときに現地の言葉が分かると非常に便利です。

事前に現地の情報が得やすい

あまりマイナーな国の場合、なかなか細かい情報が得られにくいこともあります。
行きたい博物館があっても、どうやっていくか分からない、現地で聞こうにも言葉が分からない、という状態だと、目的地にたどり着くまでに必要以上に大変な思いをしてしまうかもしれません。
現地の気温や服装、空港からホテルまでの道のりや、ホテルから行きたい場所までのアクセス方法などの情報が日本で得られれば、事前にしっかり準備できるので安心です。

治安が悪くない

国によってはスリや観光客目当ての押し売り、ぼったくりタクシーなどの危険があるところも。
初めての海外旅行でお土産品に目移りしたり、ガイドブックを広げて道に迷ったりしている間に狙われ、こうした被害に遭うかもしれません。
たとえ治安が良い地域に行く場合でも、旅行先ではあまりガイドブックやカメラをおおっぴらに見せないようにして、荷物の置きっぱなしにも気をつけましょう。
またリュックよりも、目の届く範囲に取り出し口があるショルダーバッグやウエストポーチなどのほうがスリ被害を避けるにはおすすめです。

交通が発達している

ツアーで行く場合には気にする必要はないのですが、個人旅行やフリータイムが長いツアーの場合は、現地での交通手段が重要になります。
地下鉄やバスが発達していて、自分たちで移動できそうなところを選びましょう。
車移動が必要な場所だと、レンタカーを借りたり、現地ツアーに申し込む必要があるかもしれません。
その国の中で行きたいスポットをピックアップして、どういう風にすると行けるのか、調べてみると良いと思います。
タクシーを使う場合は、旅行者に対して法外な料金を請求してくるぼったくり業者もいますので、出来るだけホテルから手配してもらうようにすると良いでしょう。

ご飯をおいしく食べられそう

現地のグルメを楽しむのも、海外旅行の醍醐味のひとつです。
食事は毎日摂るものなので、それが美味しくなかったり、身体が受けつけずに体調を崩してしまったりすると、勿体ないですよね。
食事が合わなかったために、旅行を思い切り楽しめなかったという話を聞くこともあります。
食事が口にあいそうな国を選ぶか、そうでない場合はせめて日本食レストランの有無を調べておくと良いでしょう。

海外旅行初心者でも安心できる国や地域を選んで、思い切り楽しもう♪

いかがでしたか?
せっかく海外旅行に行くのであれば、細かい心配事は避けて楽しむ事を1番に考えましょう。
何度か海外に行って、空港やホテルの手配にも慣れてきたら、乗り継ぎが必要な国やあまり日本人が行かない国に行ってみるのも良いでしょう。
まずは初めての海外旅行をしっかり楽しんでください。