中国での電話番号は毎回違う法が良い?中国でお得にスマホを使う方法とは?

海外旅行や海外出張が多い人が、近年増加してきました。

特に中国はビジネスチャンスがあることや、隣国であることから、海外出張先として選ばれることも多い国でもあります。

旅行の場合も安価であることが多いですし、初めての旅行先としても最適な国となっています。

しかしそんな海外旅行にも欠点があります。

日本と中国では電話番号事情が当然異なりますが、海外の人は、毎回電話番号が違う方が安いといいます。

どうしてそのようなことが起きるのか、どうしたらお得にスマホを使えるのかを見てみましょう!

中国で電話番号をお得に使うSIMカードとは?

instagram-image

viaesshop

中国で携帯電話のSIMカードを購入すれば、特に問題は無いのではないか、と思ってしまいがちです。

ところがこの方法ではどうしても、使える機能に限界が出てきてしまうのです。

日本での電話番号と海外通話の罠

SIMカードや本体の解説を見る限り、自分のスマホや携帯での電話番号が一番だと考えてしまいます。

もちろん使い勝手では、日本でも使用しているものですので、自分の携帯電話が一番です。

ただしこの場合は海外での通話料金となってしまいます。

メールを送るだけでも高額が請求されてしまうため、海外では日本のスマホを使うことは避けた方が無難です。

国内外で使えるSIMカードがおすすめ!

国内外で使用できるSIMカードを持っておくと、少なくとも海外からの通信費を請求されることはなくなります。

中には一度購入すると、電話番号が変わらない専用のSIMカードも販売されているのです。

また中国には現地で即使える、期間限定のSIMカードも販売されています。

こちらは期間限定ですので電話番号は変わってしまいますが、海外旅行が多い人には便利な一品です。

旅行先でSIMカードを買うのは損!?

だからと言って中国でSIMカードを買えばいい、という考え方は早計です。

なぜかといえば中国のSIMカードはチャージ式となっているからです。

例えば最初に1000円のSIMカードを購入したら、1000円分以上の料金はチャージして使う必要があります。

ここからが重要なことなのです。

中国ではSIMカードはチャージ式ですが、基本使用料がかかりません。

つまり1000円のSIMを購入した後は、チャージして使う人でない限り、それ以上のお金はかからないのです。

ただし使うための手続きに非常に時間がかかるため、中国で購入するのは損となるわけです。

中国の電話番号が使いにくいのは実名登録制だから!?

日本と中国とでは、文化が全く異なりますが、特に携帯電話やスマホなどの通信関係では勝手が全く違います。

中国の電話番号は実名登録制といって、日本のスマホや携帯電話などの契約とは少し違う制度なのです。

実名登録制とは?

実名登録制度とは、20159月から施行された中国の制度です。

更に実名登録は、非常に強く厳しい制度となっているということが大きな特徴です。

いくら新しい電話でも、数年使っていても、実名登録をしていない電話番号は使えなくなってしまうのです。

中国の電話番号は生活に必須!

日本でもスマホや電話番号は大変重要なものですが、中国でも大変重要なものです。

ただその重要さは、中国においては日本の比ではありません。

例えばホテルの予約や、イベント関係、施設の入場券など、すべて携帯電話を使用するほど普及しています。

逆に言えば中国のスマホや電話番号がなければ何もすることができないほどとなっています。

実名登録はネット予約に必要なため

中国の企業側も、これらの国民性からか、全ての情報を登録された電話番号から収集しています。

その為中国国内に住んでいる人にとっては非常に便利な制度となっています。

しかし海外から来ている、長期滞在者や旅行者にとっては、厄介な制度でもあるのです。

中国で電話番号を代理取得?実名登録の実情

では実名登録の済ませ方や、携帯電話、スマホを使用するにはどうしたら良いのでしょうか。

現地に住んでいれば、実名登録をしても差し支えないだろうという考えの方もいます。

そういった人のために、中国の電話番号実名登録事情について覗いてみましょう。

電話番号実名登録代行する人が増えている

電話番号登録は、当然ながら国内でしか行われていません。

そうなると頼りになるのは、中国に住んでいる人の力です。

中国人の中には、日本人の知人に代わって電話番号の登録代行をする人も増えているといいます。

登録を代行してもらい、現地で本人に名義を変更するという方法が必要です。

代行してもらって登録しても安くはならない

ここまですると、実名登録してもらうことに大きく価値があることだと思ってしまいがちです。

実際に実名登録を代行してもらった場合、長期滞在する人であれば、現地の安いプランを使うことができます。

ただ、一週間程の滞在であればほとんど意味はなく、手間と実際の料金は釣り合わないのが現実です。

まとめ

中国では電話番号の登録が国民の義務として定められています。

それは全ての手続きがスマホや携帯電話を通して行われるためです。

中国での電話番号登録の手間や時間は、非常に大きいものであるため、それをなくす方法としてSIMカードが登場します。

SIMカードであれば登録の必要もなく、すぐに現地で使うことができるため、旅行者には欠かせません。

購入はインターネットで購入することができるため、旅行前に是非チェックしておきたいですね。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー