ロシアの物価まるわかり!やっぱりロシアの物価は安い?

ロシアの物価まるわかり!やっぱりロシアの物価は安い?

世界で最も広い国ロシア。首都モスクワのクレムリンやバレエやオペラ、映画の舞台にもたびたび登場するロシアという国は、日本人にとってなんだかミステリアスな国ではないでしょうか?最近では、フィギュアスケートでも有名で、非常に美しい芸術の国として注目を集めていますね。

そんなロシアに行ってみたい!と思ったら気になるのが、物価事情。果たしてロシアの物価は安いのか?高いのか?あまり知られていないロシアの物価をまとめてご紹介していきます。ロシアが気になったらぜひ一度読んでみて下さいね。

気になるロシアの物価!通貨は?

ロシアの通貨はルーブル。2019年6月時点の1ルーブルは1,65円です。2014年から2015年にかけてルーブルの暴落以降明らかにロシアの物価は安くなったと言えます。旅行の際には、ぜひ最新の為替レートを確認しておくといいでしょう。ルーブルは動きのある通貨なので、要チェック!安いレートの時期にロシアに行くとさらにお得感が増しますよ。

ロシアの物価はモスクワでは高い?

世界最大の面積を誇るロシア。広いだけに都市によって物価が違うのは、当たり前とも言えるでしょう。ロシアでは、首都モスクワのような大都市と地方の都市では、物価にかなり違いがあります。都市によっては物価がモスクワの約半分だったりします。

さて、それではモスクワの物価は日本より高いのか?正解はルーブルの下落以降は日本よりもすべてのものが安いです。ただし、外食費などは他のものに比べても突出して高い、という特徴もあります。

モスクワの次に物価が高い都市は、観光地であるサンクトペテルブルク。観光客が多い場所のレストランやお土産屋、また観光地の入場料は高めに設定されています。

 

ロシアの物価は安い?食事編

toko_mogmog

ロシアの物価の中で、大きな割合を占めるのが食費です。外食費は?スーパーでの食品の価格は?日本と比べてどのくらい違うのか?見ていきましょう。

 

ロシアのレストラン

ロシアに旅行する場合、出費の多くを占めるのが食費ですね。その中でも気になるのが外食費。モスクワの観光地のレストランは、日本と同じくらいか少し安いと感じるでしょう。ちなみにモスクワでの平均給料が約8万円、地方で4万円~5万円と言われているので、レストランは現地の人にとってとても高いです。

カジュアルなレストランで約2000円~4000円。ロシアのコース料理を食べると約5000円~7000円です。ロシアではさらにカジュアルなスタローバヤと呼ばれる食堂では、もっと安く食事ができます。街歩きの際に小腹が減った際には、街角にあるパン屋さんなどで名物のピロシキやロシア風クレープのブリヌィを食べ歩きも楽しいですよ。

 

ロシアのカフェやバー

ロシアのカフェの料金もモスクワやサンクトペテルブルクなどの大都市と地方の都市によって料金は異なります。モスクワでコーヒー1杯約250円。1杯100円の激安カフェなども登場していますが、飲み物とパイやサンドイッチなどを頼むと400円~700円ほどになります。

ロシアと言えばウォッカが思い浮かびますが、ロシアのバーでウォッカ50mlで約500円~。意外と高いと思いませんか?実はロシアでは、酒税が高いので、アルコール類は高めです。高級ホテルのバーと格安バーとでは金額が大きく違うところもロシアの特徴です。ビール1瓶約400円~。地方では約3割~4割ほど安いです。

 

ロシアのマクドナルド

世界中にあるマクドナルド。では、ロシアのマクドナルドはどんな料金か気になりますよね。答えは、日本とほぼ同等の金額です。ハンバーガー1個で約100円。セットメニューで約500円~です。所得からみると、マクドナルドも決して安い外食ではないですね。

 

ロシアのスーパー

外食費と違って日本人にとっては、すごく安く感じるのがロシアのスーパー。生鮮食品や飲料などは安いです。ただ、同じビールでもロシア産のビールは安いですが、輸入品になると2倍以上になります。必要なものは安く、輸入品などになると極端に高くなるのがポイントですね。

生鮮食品や、肉類、魚類、魚介類などは地方に行けば行くほど安くなり、日本の何分の1となることもあります。アルコール類の酒税は高めですが、たばこ税はそれほどでもない為か、たばこは安いです。

スーパーの代表的な食品の価格です。

スーパーの商品価格
水(500ml)約50円
コーラ(500ml)約80円
じゃがいも(1キロ)約50円
卵(12個)約100円
たばこ約200円
ビール(500ml)約100円

※スーパーによって変動があります。

 

ロシアの物価は安い?交通費編

 

proco_air_service

 

 

国の物価を見る際に、役にたつ交通費の料金。ロシアでの交通費がどのくらいかかるのか?ご紹介していきましょう。

公共交通機関

モスクワ市内の公共交通機関を例に挙げていきましょう。モスクワ市内には、地下鉄、バス、トラム、とローリーバスが利用できます。チャージ式のカードですべて利用でき、地下鉄で1回約70円、そしてどこまで行っても同じ料金という驚きの安さです。他の都市、例えばウラジオストクではバスで1回乗車で約40円です。

日本に比べると公共交通機関は非常に安いですね。

 

タクシー

ロシアのタクシーは安いです。初乗り約160円。追加1㎞ごとに約20円。日本のタクシーに比べると格安ですよね。また、空港からモスクワ市内まで約1時間半で定額サービスというものもあり、約1700円。大変お得です。

 

ロシアの物価は安い?宿泊費編

 

mayuyudayo

 

 

次にロシアの宿泊費を見ていきましょう。日本は世界的にも見ても宿泊費が高いと言われていますが、日本と比べてみましょう。

首都モスクワ市内では、中級ホテルで1部屋約6000円~8000円。ホステルのドミトリーであれば、約1500円~3000円。モスクワ市内でも特に人気の高い高級ホテルでは約15000円以上するところもあります。宿泊費は日本とさほど変わらない感じですが、違うところは、1部屋の金額であるところ。日本は1人に対しての料金となりますが、ロシアでは1部屋の料金なので、ロシアのほうがお得と言えます。

また、モスクワ以外の都市では、もっと安くなるのでロシアの他の地方都市をめぐる場合は、大きな物価の違いを実感できます。

 

ロシアの物価は安い?観光地編

tomomi_0627

さて最後に、ロシアに旅行に行く場合に立ち寄る観光名所の入場料金はどのくらいでしょうか?

例えば、モスクワの有名なクレムリンの入場料は、宮殿内に入る入場料は約800円。それ以外に武器庫やダイヤモンド庫を別にみる場合は、別途約1200円と約800円かかります。

その他クレムリンの隣の聖ワシリー大聖堂では入場料が約1600円。モスクワの超有名観光スポットには外国人料金があるところもあり、高いです。モスクワ以外の都市では、数百円や無料で入れる観光地もたくさんあります。

観光地の入場料の他に、ロシアに行ったら買いたいロシア土産!このお土産が意外と曲者で、観光地では思わず買ってしまいますが、かなり高めに設定されているものが多いです。たくさん買うお土産では、ロシアのスーパーでも探してみると面白いですよ。

 

まとめ

ロシアの物価は安い!思っている方も多いと思います。また現在ルーブルも下がっているので、非常に安いのではないか?と思いますが、特に首都モスクワでは観光客料金が多くあり、レストランも高め。意外と旅行者は高くつくモスクワです。

ちょっと節約したい方には、地方の都市を旅のプランに加えてみたり、ロシアのスーパーや食堂を利用してみるのがお勧めですよ。