マレーシアのブルーモスクは観光の穴場スポット!アクセス方法も

イスラム国家であるマレーシアには、イスラム教の礼拝堂モスクが数多く点在します。

その中でも有名なのはブルーモスクとピンクモスク。
2つとも有名ですが、観光客が多く訪れるのはピンクモスクの方が多いんです。

そのためブルーモスクは観光スポットとしても穴場。

首都クアラルンプールの郊外にありますが、アクセス方法も簡単なので、マレーシアを訪れる際はぜひ行ってもらいたい場所なんです。

どうしてブルーモスクが穴場なのか、その理由もお伝えしますね。

マレーシアのブルーモスクは世界で4番目の大きさ

instagram-image

megukashi

 

ブルーモスクで有名なのはトルコの「スルタンアフメト・モスク」で、世界遺産にも登録されています。

でもマレーシアのブルーモスクも負けてはいません。
東南アジアでは2番目、さらに世界的に見ても4番目の大きさを誇るマレーシアのブルーモスク

これだけ立派なモスク、観光しないわけにはいかないですよね。

ブルーモスクの特徴は?

1988年3月11日に完成したブルーモスク。
正式名称は「スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク」といいます。

マレーシア最大のイスラム教徒の礼拝堂で、なんと一度に24,000人を収容できる規模なんです。

このブルーモスク、世界で4番目の大きさとあってモスクを1周するには徒歩では苦労するほどの大きさ。

そしてドームを取り囲む4本の塔は、142.2mと世界一の高さなんです。

最大の特徴は白い壁に青いドームのコントラスト
その美しさと迫力は圧巻で息をのむほど。
とくに青いタイルは、細やかな模様で美しいデザインで本当にきれいです。

中に入ると、緑を基調としたステンドグラスから日差しが差し込みます。
ドームの天井模様も、なんとも均等に保たれたデザインは、ずっと見ていたいぐらい素晴らしさです。

こんなに立派なブルーモスクなのに、観光客は日本人だけ⁈

行けば必ずブルーモスクの美しさに感動しますが、ここは観光客はあまり訪れていません。
観光客といえば日本人がほとんどなんです。

なぜ日本人だけなのかというと、日本のガイドブックには必ずといっていいほどブルーモスクが紹介されています。

しかし、海外のガイドブックではピンクモスクは紹介されても、ブルーモスクが紹介されることは少ないんです。

そのため海外の観光客はブルーモスクに訪れることは少なく、日本人の比率が必然的に高くなってます。

ブルーモスクを見学できるのは礼拝が行われていない時間だけ

instagram-image

vongolebuono

観光スポットとしておすすめなブルーモスクですが、礼拝堂の中を見学できるのは時間が限られています。

  • 平日・・・10:00~12:00、14:00~16:00
  • 土日祝・・・17:00~18:00

いずれも、礼拝が行われていないに見学ができます。

その他のブルーモスクの注意点

ブルーモスクを見学するには、上記の時間帯でできますが自由に入ることはできません。

必ず事務所でツアーに申し込まなければいけません
とくに予約の必要はなく、到着したら申込用紙に必要事項を記入するだけ。

記入項目は

  • 名前
  • 日付
  • 国籍(JAPANで大丈夫です)
  • 人数
  • 受付時間

時間になったらガイドさんからお呼びがかかります。
通常は英語のガイド付きとなりますが、午前中に行くと日本語ガイドで見学できる場合もありますよ。

またモスク内は裸足が基本。
靴はもちろんですが、靴下も脱ぐようにしてください。

そしていちばん注意しないといけない点は服装です。

マレーシアは熱帯地方で日差しも強く暑いので、露出が多めの服装をしている人もいますが、モスク内では厳禁。

代わりに無料レンタルでローブを貸してくれますので、そちらを身につけるようにしてください。

ブルーモスクの愛称と同じ、青いローブを着用します。
ちなみに、ピンクモスクの場合はピンクのローブなんですよ。

マレーシアの首都クアラルンプール郊外にあるブルーモスクのアクセス方法

instagram-image

vongolebuono

クアラルンプールからブルーモスクに行く方法は主に3つ。

乗り換えのことを考えれば、バスは安くてわかりやすいのでいちばんおすすめです。

そのほかの方法でもブルーモスクには行けるので、ご自身に合った方法で行ってみてください。

時間はかかるがいちばんおすすめなバス

バスの所要時間は約1時間と、移動時間には少しかかります。

クアラルンプールのチャイナタウンエリアにほど近い「KLパサール・スニ」駅下にバスターミナルがあり、ここから始発で入っている750番「シャー・アラム」行きに乗りましょう。

降車場所は「シャー・アラム・バスターミナル」
終点ではなく、マレーシアのバスは構内アナウンスがないので注意して下さい。
あらかじめ、運転手さんに「シャー・アラム」と伝えておくといいですね。

バスターミナルに着いたら、徒歩10分ぐらいでブルーモスクに着きます。

運賃は3リンギット(約80円)ととても経済的。

この値段で1時間のバス旅は、とてもおすすめです。

※2019年8月19日現在:1リンギット=25.51円

配車アプリを使えば楽にいけるタクシー

クアラルンプールはタクシーもたくさん走っているので便利な乗り物ですが、運賃が高いのが難点。

少しでもおとくにタクシーに乗りたいのなら、配車アプリがおすすめ。
とくにGrabはマレーシアでも主流で使われている配車アプリです。

事前にアプリの登録をしておけば、お迎えと目的地はアプリ上で設定するだけ。
さらに支払いもクレジットカード登録でキャッシュレス。

ドライバーとのやり取りも不要で、運賃もある程度目安が立つので、ぼったくりの心配もありません。

運賃の目安は35~40リンギット(約900~1,030円)ですが、渋滞があるとこれ以上かかります。

東南アジアでは主流の配車アプリGrab、この機会に使ってみることをおすすめします。
他の国でも使えるので、1度登録しておけば様々な国で使えますよ。

最寄り駅からはタクシーで移動が必要な電車

最後は電車での移動です。

KTMコミューターという電車に乗ります。
KLセントラル駅からがいちばん利便性がよくわかりやすいので、こちらから乗るようにしましょう。

所要時間は約30分で、最寄り駅「シャー・アラム」駅に到着。

ここからは徒歩で30~40分ほどかかりますので、タクシーでブルーモスクに向かうことをおすすめします。

シャー・アラム駅からはタクシーで約10分なので、1時間以内に到着することができますよ。

電車運賃は2.5リンギット(約70円)、タクシー代は約10リンギット(約260円)とこちらも経済的。

ブルーモスクからの帰りはバスがおすすめ

instagram-image

keita_malay

ブルーモスクから帰るときは、待ち時間の少ないバスがおすすめです。

タクシーは渋滞にはまるとなかなか捕まえることができません。また流しのタクシーだと、ぼったくりの可能性がないとはいえないのです。

Grabを呼ぶときも、渋滞のことを考えると、その分待ち時間が発生するので要注意。

また電車で帰ろうと思われている方も、シャー・アラム駅までのタクシーは、上記と同じことがいえます。

その点、バスは頻繁に走っているので待ち時間も少なく済みます。
乗車してからは、道路状況次第ですね。

まとめ

今は日本人の観光客の割合が多いですが、これだけの規模を誇るブルーモスク。
いつ観光客が多く訪れるかわかりません。

そのため混み合わない今のうちに、ブルーモスクの美しさを味わってもらいたいです。

ピンクモスクもブルーモスクにはない素晴らしさがあるので、セットで回ってみるのもいいですよ。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。