マレーシアで目的別にコスパのよい快適ホテルを探そう

東南アジアの国のひとつマレーシアは、マレー系・中国系・インド系の民族を筆頭に、多民族・多宗教で形成されています。それだけでも魅力的なのに、過去の植民地支配時代に建立された歴史的建造物があったり、非日常感をたっぷりと味わえるビーチリゾートや熱帯雨林もある素敵な国です。

マレーシアの首都クアラルンプールのホテル相場

instagram-image

keity0315

世界的に有名な5つ星などの高級ホテルでも、アジア圏で安く滞在できリゾート気分を満喫できるのが、「安近短」と呼ばれる海外旅行の醍醐味でした。しかしながら昨今では首都クアラルンプールのホテル相場は、スタンダードでも1万5千ほどになっています。

アジア圏では最もホテル代が高い国

マレーシアでは、国が打ち出したIT政策や工業化などの産業面が軌道にのっていることと、従来からのリゾート観光地としての世界的な人気もあり、経済がとても上向きです。

首都であるクアラルンプールの人口は、180万を超えていくなかで、かつては日本の三分の一といわれていた物価も上昇し、差が縮小しています。

そのようなマレーシアの発展中の経済状況と日本経済の停滞が重なり、ホテルの相場は他の東南アジア圏よりも高めとなっています。

目的別にみるマレーシアのおすすめホテル

民族間での貧富の差はあるにしろ、好景気のマレーシアでコストをおさえつつも、快適なホテルでの滞在を望むなら、「目的別」にホテルを探してみましょう。

1.グルメ三昧: チャイナタウンエリアから選ぼう

instagram-image

diablo_gt_29_80

独特の色彩と雰囲気があるチャイナタウンでは、中華料理を堪能したり、アジアン雑貨をマーケットで発見できたりします。なかでも地元の人にも人気の高い中華グルメを食べ歩くなら、チャイナタウンに滞在し地元の人にアドバイスをいただきながら、穴場のグルメを探すのがいいでしょう。

チャイナタウンでのねらい目のホテルは、バジェットスタイル。エコノミーよりもさらに安い価格で滞在ができるこのタイプのホテルは、必要最低限のアメニティしか供給されないけれど、清潔で値段もリーズナブルというのが特徴です。

長期滞在をすればするほど割り引いてくれるホテルも多く、チャイナタウンでのんびり過ごしたい人には最適。2000円もだすと朝食付きで、滞在できるホテルを探すことが可能ですが、食事がついてこなくても周りにはおいしい中華料理の名店がずらりとあるチャイナタウンですから食に困ることはありません!

寝に戻る清潔な部屋があればOKというバックパッカーに近いスタイルの旅が好みの人は、理想的なバジェットホテルを見つけられるエリアです。

2.穴場狙い:郊外のチャンソウリンエリアでお得に

instagram-image

salakselatanagline

チャンソウリンエリアは、クアラルンプールの郊外とはいえ、地下鉄駅も発達していてとても近代的。インターシティなど急速も利用できる駅なだけに利便性は抜群です。バジェットホテルなら2000円で選び放題。5000円~9000円ぐらいの価格でラグジュアリーな四つ星や五つ星ホテルでの滞在も可能なエリアです。

クアラルンプールの中心部までは、公共交通機関で10分とかからない利便性もよいところだけに、滞在費を効率よく抑えてマレーシアでの長期滞在を楽しみたい人におすすめです。

3.お買い物大好き:ブキッビンタン

三度の飯よりショッピング。とにかく毎日マーケットやショッピングモールであれやこれやと買い物三昧をしたい人向きなのが、クアラルンプール一の繁華街「ブッキビンタンエリア」です。

観光客だけでなく地元の人にも人気の高級ショッピングモール街が立ち並ぶだけでなく、ローカル屋台などもあるから安くておいしいグルメを堪能できます。

ライブ音楽を聴きながら食事ができる場所もあり、クアラルンプールの夜も満喫可能。このエリアでの滞在なら、ライブパフォーマンスの会場から徒歩圏のため安心ですね。

2000円以下でも安いバジェットホテルを探しだすのは可能ですが、このエリアのホテルの相場は、3000円台で2ツ星から3ツ星といったところです。

4.海外出張なら:ゴールデン・トライアングルエリア

instagram-image

tentative_tokyo

ビジネスマンにとって便利なエリアといったら、ゴールデン・トライアングルになるでしょう。商談などにも使える、便利な落ち着いたロビーがあるホテルも多いのが特徴です。

この辺りのホテルの相場は、スタンダードでも一万円ほどと値段はぐんと高くなります。

 

5.交通に便利:KLセントラルエリア

instagram-image

katonaoshi

KLセントラル駅は、アジアで最も大きな駅。それだけに多くの電車が乗り入れていて、便利なエリアです。この駅をハブに首都以外の都市を訪れる予定なら、このエリアでホテルを探しましょう。

利便性のよさから、高級ホテルでなくてもホテル相場が他エリアよりも高くなっています。スパやエステが充実したホテルも多くあるので、旅の疲れを取り除くのに一日はラグジュアリーホテルで滞在を考えている人にもおすすめ。

プールやエステなどの設備があるホテルへの滞在は、最低でも1万ほどを見ておきましょう。

まとめ

instagram-image

chibinaru0821

目的を明確にしてホテルを探すことで、首都クアラルンプールで自分にあった快適なホテルを見つけられます。今回ご紹介しているエリアごとのホテル相場を目安に、あなたに最適なホテルを探してみましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー