ハワイ水着を買うならこのお店!おすすめ&トレンド店をご紹介

ハワイ水着を買うならこのお店!おすすめ&トレンド店をご紹介

ハワイといえばビーチ・マリンスポーツと、真っ先にきれいな海を思い浮かべますよね。
いつ行っても常夏な気候で過ごしやすいハワイは、日本人に大人気です。

ハワイに行ったら、水着姿になって海やプールを満喫したいですよね。ハワイでは1年中、水着を買うことができます。

この記事では、ハワイでおすすめの水着ショップのご紹介、また水着と一緒にそろえて欲しいグッズもご紹介します。

せっかくハワイに行くなら、現地で水着を買ってみましょう。

ハワイのおすすめ水着ショップ6選

《ハワイ》ワイキキのメインストリート・カラカウア通り

 

日本では見かけないような水着や、日本未発売もたくさんあるハワイの水着ショップ。
露出が少なく、日本でも着れるような水着もたくさんあるので、お気に入りの一着を購入してみませんか?

1.日本でも人気の「LOCO BOUTIQUE」

instagram-image

unclebullet

日本人でも着やすい水着で人気のLOCO BOUTIQUE。
店舗もアウトリガー・オハナ・マリアやアラモアナショッピングセンターなどにもあるため、気軽に見ることができます。

女性用の水着は、種類が豊富で選ぶ楽しみもあります。上下別で購入もできますよ。
もちろん、メンズ用の水着も取り揃えているので、カップルでおそろいの水着を選ぶのもいいですね。

LOCO BOUTIQUEは水着だけでなく、グッズやウェアも充実しているので、水着を買わない人にも楽しめるお店です。

【公式:LOCO BOUTIQUE】

2.セレブにも人気「Rebecca Beach」

少し肩の力を抜いたファッションだけど、大人っぽさも残しているRebecca Beachの水着。
決して派手ではなく、落ち着いた雰囲気でセレブに大人気のお店です。

Rebecca Beachの最大の魅力は、水着のセンスの良さはもちろん、ビーチファッションをまるごとコーディネートできること。
どれもハイセンスで、安っぽく見えないとファッションの面でも人気を集めています。

小物も可愛いのでプレゼントにも最適ですよ。

【公式:Rebecca Beach】

3.ヨガウェアの専門店「LuLu Lemon」

instagram-image

the.oz.shop

ヨガをしている方ならご存知の方も多いかもしれません。
ヨガウェアの専門店でもあるLuLu Lemonですが、しっかり水着も販売されています。

LuLu Lemonはシンプルなデザインが多いため、誰にでも取り入れやすい水着。そしてビキニのトップスはヨガウェアとしての利用も可能とあって、2通りの使い方をすることができます。

ハワイ限定の商品は、販売から約1時間で完売するほどの人気ぶり。
日本にも店舗を構えていますが、ここはハワイ限定をゲットするチャンスですよ。

【公式:LuLu Lemon】

4.ピンクを基調とした店内「Pink Sand」

instagram-image

pinksandhawaii

女性が好きそうなピンクを基調とした店内は、パステルカラーで可愛らしいと評判のお店です。
ここは水着専門店ではなくセレクトショップ。店内にはビーチファッション以外にも、街中で着れる洋服もたくさん並んでます。

日本未発売の水着ブランドが売られていますが、これがお店の中で一番人気。
フェミニンな水着も数多く、女性ならきっとお気に入りが見つかります。

もともとビーチライフスタイルをコンセプトとしているお店なので、水着以外にもビーチアイテムも豊富。

ロイヤルハワイアンセンター内と、利便性もいいのでぜひ立ち寄ってみてください。

【公式:Pink Sand】

5.ロコに人気の「Pualani Hawaii」

instagram-image

pualanihawaii

ハワイ発の水着ブランドで日本人スタッフも在籍しているPualani Hawaii。
こちらもセレブにはもちろん、芸能人にも人気があるお店です。

店内に入れば、圧倒的な水着の数に驚きます。カラフルな水着で、組み合わせ自由で選べるのでオリジナルの水着を着ることができますよ。
また水着の記事は、わざわざヨーロッパから取り寄せているとだけあって、着心地も抜群。

サーフィン用のスポーティタイプからおしゃれタイプまで、幅広い水着を販売しています。

【公式:Pualani Hawaii】

6.Rebecca Beachの姉妹店「Diamond Head Beach House」

instagram-image

4alohawaii5

Rebecca Beachと同様に、ビーチファッションのトータルコーディネートはおまかせのDiamond Head Beach House。
メンズものやキッズものもあるので、ご家族でお揃いのコーディネートも可能。

とにかく「可愛い」という言葉が一番似合うほどの外観で、インスタ映えにも持ってこいです。

Diamond Head Beach Houseのテーマカラーは、店舗の外観と同様にブルー。
Rebecca Beachよりも少し大人向けの雰囲気ですが、女性らしいデザインなので、年齢問わず好まれるお店です。

【公式:Diamond Head Beach House】

ハワイで水着になるときの注意点、またビーチでの注意点も

ハワイの休日

お気に入りの水着を見つけたら、ビーチを満喫。
でもハワイのビーチマナーは、日本とは違いとても厳しいです。

日本の感覚でビーチを過ごしていると、思わぬ罰金を支払うはめに。
ハワイでのマナーを事前に確認しておきましょう。

ハワイではサンゴ礁を守るために日焼け止めの種類に注意を

2021年、ハワイ州の法案によりサンゴ礁を守るため有害物質を含んだ日焼け止めの使用が禁止になります。
その有害物質とはオキシベンゾンとオクチノキサートという成分。

日本で販売されているものも、この成分が入っている日焼け止めはビーチでの使用はできません。
2018年に法案が通ってから、ハワイ州でもオーガニックの日焼け止めを取り扱う動きに変わってきていますので、ハワイで海に入るときは、日焼け止めの成分に十分注意してください。

ハワイのビーチでは、タバコはもちろんアルコールも禁止

ハワイのタバコ事情は、日本よりもはるかに厳しいです。公共の場で吸える場所はほとんどありません。
それはビーチも同じこと。

基本的に、公共の場でのタバコ・アルコールは禁止とされています。

ハワイの開放的な海を見ると、ついアルコール片手にビーチでのんびりしたくなりますが、ビーチでもアルコールはガマンしてくださいね。
アルコールはそのまま裸で持っていても禁止。ビーチで飲まないにしても、必ず袋に入れておきましょう。

ハワイのビーチの砂を持って帰ることも禁止されている

思わず持って帰りたくなる、ハワイのきれいなビーチサンド。
この持ち帰りもハワイの方で禁止されています。

見つかれば当然罰金対象で、その額は10万ドルと高額。くれぐれも軽はずみで持ち帰らないようにしましょう。

荷物の管理は徹底しよう

ビーチで遊ぶときは、荷物の管理は徹底してください。
治安がいいとされているハワイですが、スリや置き引きは頻繁に起こっています。

荷物は最小限にし、できれば有料ロッカーに預けることをおすすめします。

また貴重品も持ち歩かない方がいいでしょう。
金銭も、ビーチで使う必要最低限におさえて、肌身離さず持っておいてください。

 

 

 

まとめ

ハワイには、紹介しきれないほどの水着ショップがたくさんあります。
ご自身のテイストにあったお店を探すのも、楽しみの一つではないでしょうか?

ご家族やカップルでハワイ旅行に行くなら、ペアルックの水着も可愛いですよね。
時期を選べば、安く手に入ることもあるので、お得にゲットしていましょう。

またハワイのビーチマナーはとても厳しいので、うっかりということがないよう十分注意してくださいね。