ハワイへ語学留学に行く前に抑えておきたい基礎知識・学校選び

ハワイへ語学留学に行く前に抑えておきたい基礎知識・学校選び

ハワイの語学留学は実際に行っている人も多く、日本とは全く違う地でたくさん成長しているでしょう。しかし行くとなったら必要な準備がいくつかあります。それに混乱しないための基礎知識等も備えておかないと、楽しいはずのハワイで暗い気持ちになります。この記事ではハワイ語学留学に必要な準備や基礎知識や費用などを紹介していきます。

ハワイ語学留学の準備と基礎知識

パスポートとビザ

まずは必要なもの、覚えておきたい基礎知識を紹介します。

学生ビザ

ビザは、留学期間が90日を超える場合と週の授業時間が18時間を超える場合に所得の必要があります。90日未満、週の授業時間が18時間未満であれば

語学留学にビザは必要ありません。その代わりESTAという短期留学に必要なものへの登録が必要になります。ビザほど取得するのに時間はかからないので忘れずに登録しましょう。また、人によって取得するビザが異なります。F-1ビザは語学学校に留学するのに必要になるビザです。M-1ビザは職業訓練校、専門学校に留学するのに必要なビザとなっています。

保険

海外で病気になり、病院で治療してもらうとありえない金額を請求されてしまう場合があります。いくら体が丈夫な人でもなれない環境でのストレスや、食文化の違いなどで体の免疫力が弱ってしまい病気にはなりやすくなってしまうものです。なので、もしものことに備えて留学生用の保険に入ることが必要です。また、留学保険には歯の治療に関する保険が入っておりません。日本では歯の治療は比較的安価でやってくれますが、アメリカ、ハワイでは大きな金額を請求されてしまうのです。なので、歯の治療も含めた保険を選ぶのをおすすめします。

ハワイと日本の文化の違いを語学留学前に知る

instagram-image

hawaii_zuki

馴染みの深い場所だとしても異国であることは変わらないので当然文化の違いはあります。

お酒

飲酒できるのは日本の場合20歳からですが、ハワイの場合21歳からとなっています。知らずに飲んでしまうと違反になってしまうので気をつけてください。また、公共の場での飲酒は固く禁じられています。

たばこ

日本でも分煙化が急速に進んでいて厳しくなってきていますが、ハワイではもとからかなり厳しいです。ほとんどの場所では吸うことができず、ホテルや空港などの限られた場所のみになります。路上喫煙などもってのほかですので注意してください。

交通ルール

日本ではやりがちな横断歩道以外での道路の横断や、車がこないからといっての信号無視をしてしまった場合130ドルの罰金を科せられています。

押しボタン式の信号が多いので焦らず余裕をもって渡りましょう。また、ハワイでは歩行者優先が強いので運転する際は気をつけてください。

トイレ

ハワイのトイレ事情ですが、公園よりもショッピングセンターのほうがきれいなトイレです。公園の公衆トイレは、衛生上はあまりよくありません。スーパーやドラッグストアは、トイレの場所を探すのに苦労するので早めに確認しましょう。小さなレストランでは、防犯のために鍵をかけているお店もあります。

挨拶

ハワイではお店に入ったときに店員さんから挨拶をされます。日本では会釈をするか無言のまま注文に入ることが多いですが、それをやってしまうと失礼になります。店員さんから挨拶をされたらこちらも必ず挨拶をしましょう。

食文化

ご存知ではあるかと思いますが、食文化は日本と全然違います。何と言ってもジャンクフードの数が多く、サイズも日本とは比べ物になりません。

美味しいのですが続けていたら確実に不健康になります。こんな時にありがたいのは世界各国のお店があることです。もちろん日本のお店も数多くあるので、耐えられなくなったら行きましょう。しかし値段は日本よりもかなり高いので、注意が必要です。

ハワイの語学留学で学校選びは

instagram-image

skknst1129

語学留学で大事になってくるのが学校選び。パンフレットやホームページの雰囲気がいいから決めると、失敗することもあります。自分の目的に沿った学校を選びましょう。

英語学校

日本の学生や社会人の利用率が高いのが、英語学校です。様々な国の人が在籍し、日本人も数多くいますので勉強しやすい環境です。しかし学校によって授業料が違く、設備等も違いますので注意が必要です。また、日本人が予想より多く周りが日本人だらけというのもよくあるパターンですので

日本人が少ないところがいいという場合は事前にチェックが必要です。

州立大学

英語学校ではなく大学で授業を受けるという選択肢もあります。短期間の集中コースなどもあり、大学進学に有利になります。キャンパスライフを味わうことができ、結果を出しやすいので日本人の参加者も多いです。しかし州立ですので、現地の人の方が優遇されやすく評定なども水準より高くなければいけないので、狭き門となります。

専門学校

ハワイにも医療アシスタントやマッサージなどの専門学校があります。専門性が強くなるので、語学留学には不向きといえます。専門分野を勉強したいのならば日本で勉強がおすすめです。

ハワイ語学留学の費用

パスポート

短期2週間

短期2週間の留学費用は、平均で20万から30万です。学生の長期休みや社会人・シニアで行きたい人のプログラムです。マンツーマンでレッスンができて、少人数で会話が楽しめます。

1か月

語学留学1か月の場合、レジデンスやコンドミニアムを利用している人が多いです。費用は25万から50万です。サポート機関で相談すると、安く行ける時期を提案してくれます。

1年

ハワイの語学留学で1年勉強したい方は、費用は250万から450万かかります。往復旅費や保険のほかに、どこに滞在するかによって、かなり差が出ます。

ハワイの語学留学で滞在できる場所は?

instagram-image

westhawaiirealtor

長期間の留学となれば無視できないのが滞在をする場所です。高いところに泊まってしまった場合、ものすごいお金がかかってしまいます。なので、比較的安価なところを紹介します。

ホームステイ

多くの学生は、ホームステイで滞在をしています。現地の人とコミュニケーションをとり食事をするのはとても効果的で満足度が高いです。ハワイはおおらかな人が多く、トラブルも少ないため人気です。自分で見つけるのが難しいという方はホームステイ先を紹介してくれるサービスもありますので活用しましょう。

コンドミニアム

コンドミニアムとはキッチンやリビングなどが備え付けられていて、泊まることのできる宿泊施設のことです。自分で料理をしたいという人ならば抜群に相性がよく、ファミリーなどでも宿泊できるので人気の宿泊先です。

シェアハウス

ハワイの滞在先でシェアハウスは、リビングやキッチンが共有でトイレとバスは共有タイプと別のタイプがあります。キッチンやリビングでほかの学生と交流できますが、部屋でひとりにもなれるのが魅力です。シェアハウスを学生寮として、提供している学校もあります。通常の場合は、部屋に金庫がないので貴重品は自分で管理する必要があります。

ホテル

ハワイの語学留学で短期間で学びたい人に、人気の滞在先があホテルです。自分のレベルに合わせたレッスンがマンツーマンでできます。フリータイムにはショッピングや観光ができます。少人数のレッスンなら、生徒ひとりひとりに話すチャンスがあります。会話力をつけたいという方にも、向いているレッスンです。短期の場合は、親子で参加している人も多いです。

ハワイ語学留学の基礎知識・まとめ

instagram-image

alohacast

ハワイへの語学留学は多くの日本人が行っていて、これから増えるでしょう。しかし知識不足なまま留学を行ってしまうとギャップに苦しんでしまい

諦めて帰ってしまう場合があります。語学留学するなら、心地よく過ごせる環境を選びましょう。語学留学の前に、必要な知識は確実に抑えてから

留学を行うようにしましょう。