グアムの通貨について!チップについても詳しくご紹介

グアムの通貨について!

日本人旅行者も多い”グアム”

南国の島で暖かく、大人から学生まで幅広く人気があります。

そんなグアムでは、一体どんな通貨が使われているのでしょうか。

そこで、今回はグアムの通貨について、グアムで通貨を使っていく為の対策と必要なチップについて詳しくお話をしていきます。

グアムに旅行する機会がある方だけでなく、チップについて不安な気持ちがあるという方もぜひ最後までご覧ください。

グアムの通貨とは

双眼鏡とドル

アメリカ合衆国の準州であるグアムで使われている通貨は、USドル(アメリカドル)です。

基本単位は、ドル($)とセント(¢)になります。

紙幣は、

・1

・5

・10

・20

・50

・100

の全部で6種類となっております。

硬貨は、

・1

・5

・10

・25

・50

・100(=1ドル)

の全部で6種類となっております。

1・5・10・25セントに関しては、それぞれペニー・ニッケル・ダイム・クォーターと呼び方があります。

また、それぞれに硬貨の大きさが異なります。

値段が小さい方が硬貨も小さいという訳ではないので、大きさで判断するのは難しいので注意が必要です。

グアムの通貨を使っていく為の対策

がま口とスマートフォン

ここでは、グアムの通貨を使っていく為の対策についてお話をしていきます。

使い方に慣れていない通貨だからこそ、自分の使いやすい様にしていくことが大切です。

全部で5つの対策を紹介していますので、1つ1つ見ていきましょう。

グアムの通貨を使っていく為の対策➀日本円と現地で使うお金と分ける

海外旅行では、日本円を使う機会は殆どないもの。

現地で使うお金と混ざってしまうと使いにくいだけでなく、間違えて日本円を出してしまう可能性も。

慣れていないかそ、万全の準備をしていくことはとても大切です。

到着してからではバタバタとしていて分けることが出来ない可能性もありますので、現地に到着する前に日本円は分かりやすくまとめておくことがおすすめ。

海外旅行で使う専用のお財布を持参するのも良し。

海外用のお財布を新しく購入をするという際は、なるべく目立たない自分の使いやすいお財布を選んでください。

グアムの通貨を使っていく為の対策➁大きな額と小さな額の紙幣に財布を分ける

大きな額の小さな額の紙幣と財布を分けて、使用しましょう。

細かく分けることで使いやすくするのは勿論、身を守るということにも。

いつ誰がお財布の中身をみているか分からないもの。

特に、観光客は現地にまだ慣れておらず旅行気分ということもありスリやひったくりにも狙われやすいといえます。

大きな額の紙幣を持っていると、

・沢山お金を持っている人

・お金持ち

と相手に判断をされてしまうことが。

犯罪に巻き込まれてしまう可能性も、否定できません。

大きな額は、しまっておいて大きな買い物の時だけ財布から出す様にしましょう。

また、使いやすさを追求するのであれば紙幣と小銭を分けるという方法も。

お財布の数が増えてしまうという面もありますが、この方法も1つの手といえます。

小銭が上手く使えず、貯まっていってしまうということも起こりうるので自分の使いやすく上手にお金が使えるような環境を作っていきましょう。

グアムの通貨を使っていく為の対策➂ポシェットを持つ

リュックとは別に、ポシェットを持つのもおすすめします。

いちいちリュックを下ろして荷物を出す手間が省けるというのは勿論、安全面も。

ポシェットを使うことによって、ささっと取り出しをすることが可能。

その分、誰かに見られてしまうという心配も少なくなります。

両手が空いて常に使える状態であるというのも、嬉しいところ。

すぐに荷物が状態を確認できる位置にあるというのも安心でき、良い点です。

また、ポシェットに入れる用に小さなお財布を作っておくのも良し。

わざわざリュックから取り出す必要がなくささっと使うことができるので、便利です。

出す機会の多い、チップを入れておくのも使いやすく良いでしょう。

グアムの通貨を使っていく為の対策➃チップ用の細かい現金を持つ

チップ用として細かい現金を用意しておきましょう。

とっさにチップを出すという場合、細かいお金がなければとても不便。

普通に使う現金と一緒にしておくと、買い物で使ってしまう可能性も。

予め、別々にまとめておくことでその様な事態を防ぐことが大切です。

お財布を別々に最初から分けておくのも、1つの方法といえます。

また、お財布を分けるという時はポシェットに入れておくことで取り出しが簡単に。

グアムの通貨を使っていく為の対策➄クレジットカードも使う

海外でも、クレジットカードを使用していきましょう。

特に、レストランで食事をする際クレジットカードを使うことでチップもまとめてお会計をすることが可能。

わざわざチップを現金で出す必要がないので、とても便利です。

クレジットカードが使えるレストランかどうか、確認を行うのを忘れずに。

また、クレジットカードの種類によっては海外旅行保険がついているものもあります。

普段から自分が使っている、持っているクレジットカードは保険がついているのかどうか確認をしておくのがおすすめです。

お金を沢山持ち歩かなくても良いという点でも、クレジットカードはとてもおすすめ。

何を買うか分からないからお金が沢山持っておきたいというのも勿論ですが、沢山お金を持ち歩くのはやはり不安なもの。

常にお財布を気にしながら、旅行するのは疲れてしまいます。

クレジットカードであればチップ分の最低限のお金を持った上で、出歩くこともできるので安心感に繋がりやすいです。

通貨が必要なグアムのチップについて

チップを手渡しするイメージ

日本人に、馴染みの少ない”チップ”

・渡すべき金額が分からず困ってしまった

という経験のある方も多いのではないでしょうか。

チップを渡す場面で、いちいち調べていては時間もなく焦ってしまうもの。

ある程度の相場を理解しておくことで、落ち着いて行動することが出来ます。

今回は、

・タクシー

・ホテル

・レストラン

の場合に分けて、グアムでの”チップ”についてお話をしていきます。

あくまでも1つの参考として、それぞれ見ていきましょう。

通貨が必要なグアムのチップについて➀タクシーの場合

タクシーの場合は、料金の10~15%をチップとして支払いましょう。

その他

・荷物を運んでくれた

・荷物の数が多い

などの場合は、プラスでチップを支払います。

荷物は1個につき、1ドルです。

通貨が必要なグアムのチップについて➁ホテルの場合

ホテルの場合は、

・荷物を運んでもらった

・タクシーを呼んでもらった

時は、1ドルを渡しましょう。

ベッドメイキングの際は、宿泊している人数分のお金をお部屋に置いていきましょう。

その他

・コンシェルジュへの相談

・ルームサービス

などの際にも、チップを渡す必要があります。

通貨が必要なグアムのチップについて➂レストランの場合

レストランの場合は、合計金額の15~20%を支払いましょう。

既に、サービス料としてチップ代が合計金額に含まれていれば追加で支払う必要はありません。

合計金額がチップを含めた料金なのかどうか、必ず確認を行ってください。

まとめ

沖縄・竹富島

いかがだったでしょうか。

今回は、

・グアムの通貨

・通貨を使っていく為の対策

・”チップ”

について、ご紹介をしました。

通貨を上手に使って、グアムを思いっきり楽しんでいきましょう。

この記事が良い参考となれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。