グアムの季節と気候の特徴遊びに行くベストシーズンは?

日本からたった3時間半ほどで行ける常夏の島グアム。飛行時間も短く時差もないので短い休みでも行けるのでお仕事をしている人たちにもありがたいリゾートです。
そんなグアムにも雨季や乾期があったりします。今回はそんなグアムの季節や気候そしてベストシーズンについてまとめてみました。

グアムの季節・気候の特色

グアムは海洋亜熱帯気候に属していて、1年の平均気温は日本よりかなり高く28度となっています。これは常夏の島ハワイよりも高い平均気温です。グアムの日中の平均気温はどの月をとっても30度を超えるので、日本人からしたらいつも夏と言う感覚です。気温が高いので水温も高く、泳いでいて肌寒いと言う事はほとんどありません。だから海水浴やプールなどまたその他の海のアクティビティーにはぴったりのリゾートになっています。グアムはいつの時期も年間を通して気温はほとんど変わりません。日本のような四季はありませんが、グアムには雨季や乾期があり、そして日本と同じように台風シーズンと言うのがあります。それぞれについて紹介します。

乾期

11月から翌5月までは乾期に当たっていて、湿度が少なくてカラッとしていて過ごしやすい時期となっています。この時期は降水量・降水回数がが少なくなります。ただ乾期といっても、全く雨が降らずカラカラと言うことではなく、雨季と比べて降水量が少ないだけで、短期間にザーというスコールのような雨が降る事は結構あります。グアムはいいけど、グアムは湿気が多いからなぁ…と思っている人には、この時期がおすすめです。

雨季

6月から10月は雨季となっています。この時期は降水量が多くなります。多い時だと乾期の6倍もの降水量になることもあります。ただ雨季といっても日本の梅雨のように1日中雨がしとしと降り続けるのではなく、にわかに雲が湧いてきてスコールのような雨が降ることが多いです。数十分から1時間位の雨を我慢すれば、また晴れてまたすぐに晴れてきたりするので、そうすると降る前と同じようにビーチで過ごしたり観光したりすることができます。そのスコールの後にはきれいな虹がでることもあります。グアムは虹のよく見られる地です。この時期に訪れるのであれば、折り畳み傘を持っていくのをお勧めします。また、この時期はサンダルやビーチサンダルの方が靴よりもスコールのときには便利です。

台風シーズン

そして8月から10月は多く台風が発生する時期です。グアムの近海で熱帯低気圧が発生することが多く、グアムは日本よりも台風の影響を受けることが多いです。台風が直撃してしまうと、マリンスポーツやアクティビティはできなく、観光は予定変更を余儀なくされてしまったり、最悪の場合フライトの延期や飛行機の欠航などが考えられます。旅行の予定が大きく変えられてしまうのは、この時期です。近年では台風の発生場所が以前よりも北上したため、グアムへの被害が少なくなったとも言われています。ですが、それでもやはり台風が発生するとの影響を受ける事はあります。

グアム旅行のベストシーズン・良い季節

instagram-image

star_tour_guam

グアムを旅行するのに1番良いベストシーズンは乾期で、その中でも特にオススメなのは1月から4月です。この1月から4月はスコールの頻度が少なく、湿度も比較的低いです。グアムの美しさが際立つ時期です。澄んだ海でシュノーケルやダイビング、そしてマリンスポーツを楽しむのにぴったりな時期です。そして春休みとゴールデンウィークを除いては、1年の中で旅行代金が比較的安めな時期でもあります。

季節によるグアム旅行代金の変動

グアムにお得にいきたい!グアムに行くにはどの時期が料金が高くなってどの時期にはお得に行けるのかまとめました。

旅行代金が比較的安い時期

グアムに行くのに1番料金が安い時期は、ゴールデンウィーク終了後から夏休みが始まる前の5月中旬から6月ごろです。他には、春休みが終わってからゴールデンウィーク前の4月が穴場で、10月から12月中旬までの期間も旅行代金は比較的安いです。また同じ期間でも、グアムは週末に行くことができるので、週末に出発の場合には値段が高くなります。安くて狙い目なのは日曜日や月曜日、火曜日出発のツアーです。

グアム旅行に行くのに料金が高い時期

雨季や乾期にかかわらず、日本人旅行者に需要の高い時期にグアムに行く場合には旅行代金が高くなります。1番料金が高いのは、夏休みのシーズンで、その中でもお盆の時期には最高になります。また、年末年始・春休み・ゴールデンウィーク、シルバーリーグも旅行代金が高い時期になります。やはり需要が高い時期には値段が上がると言うことになります。ここから時期をずらすことが可能であれば、比較的安い金額で旅行することができます。

グアムの目的別のベストシーズン:おすすめの季節

instagram-image

_.c.h.i.k.a

ではグアムでやりたいことを目的別でどのシーズンがベストなのか見てみましょう。

ダイビング

グアムは1年のうちいつでもウミガメやナポレオンフィッシュ、そしてイルカなどを見ることができるダイビングの名所です。いつ訪れてもダイビングを楽しむ事はできますが、強いてベストシーズンを言うのであれば、海の透明度のより高い乾期の1月から4月がオススメです。

フルーツ

グアムは南国の豊潤なフルーツが実ります。フルーツの旬は4月から6月です。毎年5月の下旬には「アガット・マンゴーフェスティバル」というマンゴーのコンテストやマンゴーを使っていた料理を食べることができるイベントもあります。フルーツ狩りもオススメです。

ショッピング

グアムではいつのシーズンも随時セールが行われています。そんか中でも1番盛り上がるのが11月の第3金曜日のブラックフライデーから始まるクリスマスセールです。ブラックフライデー当日には早朝からショッピングモールがオープンして、商品が大幅値下げされます。お買い物目当てで旅行に行くのであればこの直にマイクロネシアモールやアウトレットをめぐってみるのがお勧めです。

全季節共通グアムで必要な服や持ち物

グアムに行くならぴったりな服装は半袖のTシャツなどカジュアルな夏の服装がいいです。
。ちょっと高級なレストランなどに行こうと思ってる場合には、襟の付いているおしゃれな洋服を1着持っていくといいです。室内は一般的に冷房が強いので冷房に敏感な人などは羽織れる長袖の上着があると冷房にも対応できます。日中は日差しが強いのでら日よけの帽子や、また強い太陽の光を遮るのにサングラスがあった方が良いでしょう。ビーチで泳ぐには、基本的にグアムは砂浜よりも岩礁地帯が多いため、ビーチサンダルが必要です。といってもビーチリゾートなのでビーチサンダルは、かわいいものが売られたりしているので現地で調達するのもいいかもしれません。Tシャツなどもかわいいデザインのものが売られているので、お土産を兼ねて現地調達お勧めです。海で過ごすには、水着も必要です。
水着も現地で売られていますが、どちらかと言うと店によっては大きめサイズのものが多いので、小さめサイズの人は水着を持っていくのがお勧めです。

グアムの季節や気候のまとめ

グアムは、どの季節に行っても海を楽しんだり、海でのアクティビティーをできたり買い物を満喫することができます。ただ、最大限に楽しむためにはやりたいことのベストシーズンをチェックするのもいいかもしれません。休みなどを調整してお得にグアムにでかけて、グアムリピーターになるのもいいかもしれません。常夏の島で楽しい思い出を!

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。