【定番】シンガポール・セントーサ島への行き方・おすすめの観光名所

【定番】シンガポール・セントーサ島への行き方・おすすめの観光名所

シンガポールに観光に行くなら、一日時間をとって、シンガポール島の南にあるセントーサ島へ足を伸ばしてみませんか?

今回は、シンガポールからセントーサ島へ行き方と、おすすめの観光名所を簡単にご紹介します。

シンガポール観光 セントーサ島とは

sentosa beach, singapore, rope bridge

セントーサ島は、1945年9月まで日本の占領下にあったこともある島で、日本と全くかかわりがない場所ではありません。

かつては、英国が築いた砦があったり、マラリアの流行で死のイメージが強かった場所ですが、現在は、シンガポールきってのリゾート地として人気があります。

セントーサ島の公用語は、マレー語とタミル語です。島は大きく2つに分けることができます。北側は、アトラクションなど遊園地になっていて、南側はビーチなどが続いています。

そのため、セントーサ島へ渡ってからどのようなアクティビティをするのかによって、ホテルの選び方が変わってくるでしょう。

セントーサ島への行き方

シンガポールからセントーサ島への行き方ですが、徒歩でも行くことができます。セントーサ島に入る時は、入島料が派生します。

・モノレール セントーサ・エクスプレス成るモノレールを使うと8分ほどで行くことができます。

・ロープウェイ シンガポールケーブルカー/ロープウェイも便利です。5分30ほどの空の旅を楽しみながら、セントーサ島へ向かいましょう。

・バス 5分~10分ほどの間隔で頻繁に走行しています。アトラクションに直に行く場合はとても便利です。

・徒歩 徒歩の場合は、セントーサボードウォークと呼ばれる歩道橋を歩いて本島からセントーサ島へ行くことができます。600mほどの歩道橋を渡っていきます。ゆっくりと歩きながら、フォトを撮ったりして楽しめるので、一度は徒歩で渡ってみるのもいいでしょう。

・タクシーや車 もちろんタクシーやレンタカーでも行くことは可能です。

このように、シンガポール本島からセントーサ島へ行くのに、徒歩、バス、ロープウェイ、車などの方法があります。

セントーサ島へ行く時のもっともおすすめの方法は、シンガポールケーブルカー/ロープウェイです。空からの景観を楽しめるので、移動手段であると同時に、空からセントーサ島、本島を一望できる絶景スポットとして利用できます。

シンガポールへ行くならおすすめのセントーサ島観光名所

instagram-image

dj_mc_fuckmac

本島より簡単に行くことができるセントーサ島は、島がまるごとリゾート地と言っても過言でありません。

そんなセントーサ島で、おすすめの観光名所をご紹介いたします。

おすすめ1:シーアクアリウム

セントーサ島にある水族館「シーアクアリウム」は、世界最大級の海洋水族館です。巨大水槽の中で泳ぐ様々な海の生物を、間近で見学することができ大変迫力のある水族館です。

館内は大きく10のゾーンに分かれていて、それぞれ世界の異なる海流で生きる海の生物について学ぶことができます。こちらの水族館で飼育されている種類は、1000種をこえ10万匹以上の生き物をみることができます。

営業時間:11時00分~21時30分

住所:8 Sentosa Gateway, Sentosa Island, シンガポール 098269

最寄り駅:セントーサ・エクスプレスのウォーターフロント駅から、徒歩で約5分

おすすめ2:i fly singapore

instagram-image

hannahwanghair

少し変わった体験を楽しみたい。高い所が好きという人にオススメなのが、「i fly singporeです。ここでは、インスタラクターに教わりながら安全に空中に浮遊することができます。7歳以上の子供からチャレンジできますので、子供連れでセントーサ島へ行く場合にもおすすめです。

体重制限など細かい事があるので、チャレンジしたい人は、前もって注意事項は確認しておきましょう。

営業時間:11時00分~21時30分

住所:iFly Singapore, 43 Siloso Beach Walk #01-01 Singapore 099010

最寄り駅:セントーサ・エクスプレス ビーチ駅より歩いて3分ほど

おすすめ3:セントーサ・マーライオン

instagram-image

noriko_729

シンガポールといえば、マーライオンが有名です。マーライオンは、下半身が魚で上半身がライオンでシンガポールの公式なマスコットキャラクターです。

本家は8mほどの高さですが、セントーサ島にあるマーライオンは、タワーとなっています。高さは、37mの展望台となっています。口、頭の部分が展望台になっていて、視界をさえぎるものがなくセントーサ島、シンガポール本島を眺めることができます。

昼間だけでなく、夜も営業をしていて夜景を楽しめる場所です。

営業時間:10時00分~20時00分

住所:30 Beach View、Singapore 099958

最寄り駅:おすすめは周遊バス マーライオン停留所下車

セントーサーエクスプレス使用の場合はインビア駅下車目の前

おすすめ4:アドベンチャー コーブ ・ウォーターパーク ・シンガポール

アドベンチャーコーブ・ウォーターパーク・シンガポールは、オススメの観光名所です。14ゾーンにわかれたパーク内を探検できます。様々なアクティビティの中には、魚と泳いだりすることができるレインボーリーフもあります。

ウォータースライダーも日本では見ないようなものもが多くあるほか、海洋生物について学べたり、エイに餌付けができたりと丸一日たっぷりと園内で遊べるようになっています。子供連れの家族だけでなく、大人も楽しめるオススメの施設です。

営業時間:10時00分~18時00分

住所:8 Sentosa Gateway, シンガポール 098269

最寄り駅:セントーサ・エクスプレス ウォーターフロント駅より徒歩2分ほど

おすすめ5:メガアドベンチャー

instagram-image

rui_standard_poodle

セントーサ島で、ジップラインを楽しめる場所がメガアドベンチャーです。人気の観光名所のひとつであるメガアドベンチャーは、時速60キロほどの速さで、高さ450mの山の斜面をおりていきます。

ジップラインで降りながら、湖、森林の上を飛び越えて行き、絶景が楽しめます。ジップラインは三人同時に並行して滑り降りることができますので、友人、家族などと一緒に同じ風景をシェアできます。

ジップラインだけでなく、ここではロッククライミング、ミニバンジーなどとアウトドアとスリリングな体験が好きな人には、たまらないアクティビティがたっぷりとあります。

営業時間:11:00 – 19:00

住所:10A Siloso Beach Walk, 099008

最寄り駅:セントーサ・エクスプレス インビア駅より徒歩10分ほど

シンガポール・セントーサ島のまとめ

シンガポール本島より気軽に遊びに行くことができるセントーサ島は、観光はもちろん、グルメ好きにもぴったりな場所です。セントーサ島には、様々なアートや史跡が残っていてそれらをめぐるガイドツアーなどもあります。

今回ご紹介した観光名所の一部は、リゾート・ワールド・セントーサの敷地内にあるものもあります。セントーサ島で何処へ行くか迷った時は、まずはリゾート・ワールド・セントーサへ訪れましょう。

敷地内には5つのアトラクションがあり、カジノ、クレーンダンスなどのショーを見ることができる場所もあります。グルメ、ショッピングなども楽しめる総合施設担っているので、観光土産を探しに訪れるのもおすすめです。

ホテルも充実していますので、滞在して丸ごとセントーサ島を楽しむのがおすすめです。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。