台湾旅行の必需品ポケットwifi!!

  1. ホーム
  2. ポケットwifi


台湾のwifi事情

台北などの台湾都市部ではコーヒーショップなどでフリーwifiを利用できる環境が整っています。 また、街中で利用できるフリーwifiに登録しておけば台湾の街中でwifiを使うこともできます。 台湾のフリーwifiを利用することのメリットはもちろん無料でwifiを利用できることです。

しかしフリーwifiの無料であるという長所に対してデメリットも存在します。 大きなデメリットとして歩きながら使用できないということがあげられます。wifiを接続した場所から離れてしまうと wifi接続が途切れてしまいます。移動するとwifiの接続が切れてしまうということはgoogle mapなど地図アプリを 使って道を調べることが難しくなることを意味します。またwifiの登録がうまくいかないということもあります。

初めて台湾に行く人や、ホテル、観光地までの道を把握していない人にとってフリーwifiのみを頼るのは少し不安が残ります。 そのような人は日本であらかじめポケットwifiをレンタルしていくことをおすすめします。         


台湾用ポケットwifiは1日あたりたったの590円で借りられる!

台湾で移動しながらいつでもどこでもポケットwifiを利用する方法としてポケットwifiをレンタルする方法があります。 ポケットwifiは手のひらの収まるサイズでカバンに入れて持ち運べるため移動してもwifiの接続が途切れることはありません。

さらにポケットwifiは一度に5台まで接続できるので5人で旅行する場合1人当たり1日たったの120円程度しかかかりません。 ポケットwifiは台湾に出発する前に空港の専用カウンタ-で受け取ります。帰りも専用カウンターに持っていくだけですので特に めんどうな作業はありません。

どの会社からポケットwifiをレンタルすればよいかわかりにくいと思うのでポケットwifi大手レンタル会社3社を 下の表にまとめておきました。会社によって安く提供できる国が違うので台湾の場合は一番安いエクスモバイルがおすすめです。 空港で受け取る以外にwifiを宅配してもらうことも可能です。キャンペーン中は宅配送料0円です。

台湾用wifiをレンタルするときにオプションが多く悩まされますが、予備バッテリーはwifiを台湾旅行中ずっとつけっぱなしにするなど 酷使しなければ必要ないと思います。補償制度については心配な方は加入しておきましょう。

大手3社比較
xmobile 海外インターネット
GLOBAL WiFi
テレコムスクエア
値段 590円/日(4G) 670円/日(3G)
970円/日(4G)
700円/日
受取可能空港 成田、羽田、関空
新千歳、中部、福岡
成田、羽田、関空
中部
成田、羽田、関空
新千歳、中部、福岡
任意保険 安心保証
59円/日
安心保障パック
ミニ216円/日
フル324円/日
MAX756円/日
安心補償
スタンダード
216円/日
フル
324円/日
予備バッテリー 340円 216円/日 ライト 216円/日
レギュラー 216円/日
マックス 432円/日




ページのトップへ戻る