フィジーの電源・コンセント(プラグ)事情|フィジー旅行に変圧器・変換プラグは必要?

●フィジー旅行に変換プラグはいるの?

●フィジー旅行に変圧器はいるの?

こういった疑問・不安にお答えします。

そもそも変換プラグって何?

コンセントの穴の形状といえば縦長の2本の穴があいたものを想像する方が多いと思います。

日本ではコンセントの形状といえばこの形状(Aタイプ)のものしか基本ありませんが、世界では必ずしもコンセントの形状は日本と同じというわけではありません。

下の図にあるように様々なコンセントの形状が世界にはあります。

そのため、コンセントの形状が日本のものと異なる国に行く場合は、コンセントの形状を海外のものから日本のものに変換する変換プラグが必要になってきます。

▼世界で使われるコンセントの形状



フィジーのコンセント・プラグの形状は?

日本のコンセントの形状はAタイプでフィジーのコンセントの形状はO/O2です。

海外旅行好きの人は国ごとに毎回コンセントの形状を調べるのが面倒なので、全世界のコンセントの形状を日本の形状に変換できるマルチ変換プラグを持っています。

これを一つもっておけば、コンセントの形状を気にして旅行する必要がなくなるのでおすすめ。

 

フィジーの電源と変圧器について

日本の電圧は100Vというのは常識ですが、この電圧に関しても世界では常識通りとはいきません。

世界の電圧は国によって異なり、100〜240Vまで様々です。

日本で使われている家電は基本100V用に作られているので、100Vにしか対応していない電化製品を240Vの電圧のコンセント穴にさすと確実に壊れたり火が出たりします。

なので、電化製品の対応電圧(100V)まで電圧を下げる必要があり、それをやってくれるのが変圧器とよばれるものです。

 

 

補足

スマホやPC、カメラなど日本にとどまらず世界中で売られているものは必然的に世界のどの電圧にも対応する必要があるので変圧器がなくても大丈夫です。

充電器部分に対応電圧が100-240Vなどの記載があればその範囲の電圧であれば変圧不要という意味です。

注意

ヘアアイロンやドライヤーなど熱がでるものは基本100Vにしか対応していないので、本体に記載されている対応電圧をご確認ください。



フィジーの電圧は何ボルト?

日本の電圧は100Vでフィジーの電圧はO/O2です。

フィジーのコンセント・プラグ・電圧関係で必要な持ち物

延長コード

フィジー旅行中同時に使う電化製品が少数であればいいですが、夜みんなで一斉に充電したりする場合が多いと思うのでコンセントの数を増やせる延長コードがあると便利です。

またフィジーのホテルで枕元にコンセントがあるかわからないので、寝るときに枕元にスマホを置きたい場合にも役に立ちます。

 

モバイルバッテリー

フィジー旅行中はスマホで道を調べたり写真を撮ったりするためスマホの電池が切れやすいです。

モバイルバッテリーがあると電池の心配をしなくていいので安心です。

クレジットカード

クレジットカードは直接関係ないですが、必需品と言われているのですが、持っていかない人が一定数いるのでリマインドを兼ねて記載しました。

 

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

 

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっています。

 

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてきます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額は下記のとおりです。

死亡保障が若干少ないのがデメリットですが、利用することが多いのは携行品損害でその保証額は十分です。

保険金額
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

※Web申込限定でポイント付きます

 

コラム:フィジー旅行で苦労すること

フィジーは世界でも有数のリゾート地です。
特に世界の富裕層を魅了するプライベートコテージなどを有する高級リゾートとしてその名を世界的に知られていますので、当然世界のお金持ちが集まります。
そもそもフィジーは島国ですので、島の中で消費される食料品を始め、多くの製品を輸入に頼っています。
その上でお金に余裕がある方が集まりますので、物価は高くなってしまいます。
日本人は特にアジアの国へ旅行に行くと物価を安く感じる傾向にありますが、フィジーでは逆に高いと感じる場面が多く、旅行に予算を低く見積もっていると苦労をすることもあるでしょう。
せっかく遠くまで旅行に来たにも関わらず、予算オーバーで我慢ばかりの旅行では楽しいものも楽しくないでしょう。
フィジーに行くのであれば、ある程度まとまった金額で旅行予算を組むことをおすすめします。
また、フィジーは赤道に近いので当然気温は高く、日中は特に水を頻繁に飲まなければ熱中症の心配もあります。
水に関しても日本よりも販売価格が高いので、購入することを躊躇ってしまうかもしれませんが、暑い国で水分補給をしないと危険ですので、多少高いと感じても水はしっかりと補給するようにしましょう。

▼フィジー用おすすめクレジットカード

※Web申込限定でポイント付きます