海外旅行に日本食を持っていこう

海外旅行いってしばらくたつと日本食がこいしくなります。 そのときのためにスーツケースに余裕があれば日本食を持っていきましょう。

行きのスーツケースに日本食やインスタント麺をいれていき あいたスペースにお土産を入れることができます。 日本食やインスタント麺を入れれるくらい余裕がある方が 帰りのお土産をいれるのに苦労しないのである程度ゆとりのあるスーツケースを 選ぶようにしましょう。 液体が含まれるものは機内持ち込みできませんので注意しましょう。

  

海外旅行に持っていきたい日本食15選

日本食 説明
味噌汁 かさばりませんし、海外に持っていく日本食代表。

白いご飯 海外旅行に行くと必ず白いご飯が恋しくなります。 レンジやお湯でできるインスタントごはんがあるとほっとします。

おかゆ かぜのときに食べやすいです。

レトルトカレー 白いご飯と併せて持っていきましょう。現地のパンとも合わせられます。

お茶漬け 白いご飯を持っていくなら合わせて持っていきましょう。

ふりかけ お茶漬け同様白いご飯があれば。

のり かさばらないので持っていきやすいです。

梅干し 酢漬け梅干しは機内持ち込みできません。

カップラーメン 日本のカップラーメンが一番おいしいです

カップうどん カップめんを持っていくならうどんやそばの方が日本感があるのでおすすめです。

カップそば カップうどん同様おすすめ。

わかめスープ 味付けが濃くないのでおすすめ。

醤油 海外の味付けに物足りなさを感じることもあります。

わさび 海外にわさびはありません。

緑茶・昆布茶 コーラや水が嫌になったときに。