海外旅行保険の選び方

海外旅行保険は必要か

海外旅行中に病気になると渡航先にもよりますが、高額の医療費がかかります。 日本と違い、救急車が有料であったり、けがが完治しないため、日本に移送する 費用や、家族が迎えに来る費用は100万円単位でかかることもあります。 自分は事故に合わないと思っている人も多いと思いますが、 実際に海外旅行中の事故発生率は3.84%であり26人に1人という計算になります。 クレジットカードに海外旅行保険がついている場合もあり、最近では年会費無料のクレジット でも海外旅行保険がついている場合があるので、海外旅行保険に加入するか 海外旅行保険のついているクレジットカードを作ることで事故に備えましょう。

  

海外旅行保険の注意点

海外旅行保険は安いものから高いものまでさまざまあります。 海外旅行保険を扱う会社は様々ありますが、それらを見比べる際、どうしても 補償金額のみに目がいってしまいがちです。 そんなに高額の補償がついてなくてもいいやと思い安い海外旅行保険に する人は多いですが、高い海外旅行保険と安い海外旅行保険の間には 補償金額以外にも違いがあります。まず1つは日本語かつ24時間サポートしているか どうか。トラブル発生時に言葉が通じないと意味がありません。また、事故がおきた 時間がサポート時間外であっても意味がありません。 日本語で24時間対応しているかは非常に重要です。 2つ目は、キャッシュレス対応の病院紹介があるかないかです。 実際海外で病気になったとき、後で保険会社が返してくれるとはいえ、 とりあえず現地で医療費を立て替える必要があります。 請求された金額が高額であると支払えない可能性があります。 そうならないために大手の海外旅行保険会社は 病院と提携し、病気になった人が医療費を立て替えなくていいようにしています。 大手ならば、病気になったときに電話すると提携病院を紹介してくれるので、 そういったサポートがあるかどうかも海外旅行保険を選ぶときに見るようにしましょう。

 

おすすめ海外旅行保険

海外旅行保険を選ぶ際に、キャッシュレスの病院紹介や24時間のサポート体制があるか など注意する点があるといいましたが、これらのサポートがあり、かつ補償金額も十分な海外旅行保険を 探すのは簡単ではありません。そこでおすすめしたいのが海外旅行保険のAIU AIU海外旅行保険は非常に有名な海外旅行保険であり、大学生協もこの海外旅行保険に加入することを すすめています。上記サポートはもちろん知名度、補償金額も問題ないので、迷ったら海外旅行保険のAIU を おすすめします。

  
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com